研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話ばく露と空間記憶] med./bio.

Mobile phone exposure and spatial memory.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (1): 59-65

携帯電話使用中のRF放射認知機能、すなわち作業記憶を損なうことが示唆されている。本研究は、空間記憶学習に対する2時間半のRFばく露の影響を、二重盲検よる反復測定、ばく露擬似ばく露交差法の実験デザインを用いて調べた。実生活で携帯電話の会話中に体験するようなばく露を模擬すべくばく露設計を行い、左脳へのばく露を最大にした。ばく露平均値はSAR(10g平均)の空間ピーク値で1.4W/Kgであった。主な影響尺度は仮想的モーリスの水迷路を用いた空間認識の学習記憶タスクである(仮想的なプールの水面下に踏み台が置かれ、その上に立った時、12秒間だけプール全体の位置関係が把握できる。踏み台はその上部を通過したときだけ視認できる。プールの任意の位置・向きでスタートし、踏み台に到達するまでの時間を測定する試行を1つのセッションで7回繰り返す)。各試行中の移動距離、および試行を繰り返すうちに改善された量(学習)を従属変数として用いた。実験参加者は毎日携帯電話を使用する人で、携帯電話使用に帰する症状がある人とない人が含まれた。試行中の移動距離に対するRFばく露の影響、携帯電話使用に帰する症状がある人とない人による影響に違いが示された。症状のある人においては、RFばく露中に成績の改善が見られたのに対し、症状のない人ではそのような効果は見られなかった。このような知見に関してさらに研究を重ねなければ、この理由は分からない。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of a 2.5 h exposure to radiofrequency fields typical of that emitted from GSM mobile phones on spatial memory performance in subjects with and without self-reported symptoms attributed to mobile phone use.

詳細情報

19 non-symptomatic subjects (7 females) and 23 symptomatic subjects (14 females) were examined during an exposure and a sham exposure condition.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 884 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 2.5 h
  • SAR: 1.4 W/kg average over time (10 g) (peak spatial)
  • SAR: 1.95 W/kg peak (10 g) (non-DTX)
  • SAR: 0.23 W/kg peak (10 g) (DTX)

General information

Each participant attended a total of three sessions, i.e., habituation, followed by RF or sham exposure in a balanced block design.

ばく露1

主たる特性
周波数 884 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2.5 h
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

random temporal changes between GSM non-DTX and DTX modes with average durations of 11 s and 5 s, respectively

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • patch antenna
チャンバの詳細 The setup was designed to maximize exposure of the brain tissue in the left hemisphere that is exposed during actual usage of GSM phones [Hillert et al., 2008].
ばく露装置の詳細 A patch antenna on the left side of the head simultaneously applied all possible exposure footprints of mobile phones [Kuster et al., 2004].
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information A ceramic plate was attached to the left ear lobe for heating.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.4 W/kg average over time - 10 g peak spatial
SAR 1.95 W/kg peak - 10 g non-DTX
SAR 0.23 W/kg peak - 10 g DTX

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Before the exposure there was no difference in performance between groups. After the exposure the symptomatic group improved in performance (shorter distance traveled) while there was no such effect in the non-symptomatic group.
The authors suggested that radiofrequency exposure contributes to a biological arousal improving attention in the symptomatic group and thereby contributing to the improved performance.

研究の種別:

研究助成

関連論文