研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[Wistar系アルビノラットの血清テストステロンに対する携帯電話照射の影響] med./bio.

Effects of mobile phone radiation on serum testosterone in Wistar albino rats.

掲載誌: Saudi Med J 2010; 31 (8): 869-873

この研究は、Wistarアルビノラット血清テストステロンレベルに対する携帯電話電磁界放射の影響を調べた。2006年12月から2008年4月まで、サウジアラビアのリヤドにあるキングサウド大学医学部生理学科で実施された。ラットへの携帯電話電磁放射ばく露は、1日に30分間または60分間で、3ヶ月継続した。合計34匹の2ヶ月年齢のオスのアルビノラットを3群に分けた。対照群(n = 6)、30分/日ばく露群(n = 14)、60分/日ばく露群(n = 14)とした。ばく露期間終了時に採取した血液血清テストステロンを二重抗体ラジオイムノアッセイ法にて分析した。その結果、60分/日ばく露群では、対照群に比べ、血清テストステロンレベルが有意に低下した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of electromagnetic fields generated by mobile phones on serum testosterone levels in rats.

詳細情報

34 male rats (2 months of age) were divided into three groups: control group (n=6), "30 minutes daily"-exposure group (n=14), and "60 minutes daily"-exposure group (n=14).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • unspecified
ばく露時間: continuous for 30 min./day for 3 months
-
ばく露2:
  • unspecified
ばく露時間: continuous for 60 min./day for 3 months
-

ばく露1

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min./day for 3 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 mobile phone placed inside the cage; call to this phone made by another mobile phone outside the cage; mobile phone in the cage in answering-mode
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露2

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 60 min./day for 3 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that exposure to mobile phones for 60 minutes/day for the total period of 3 months significantly decreased the serum testosterone level in rats compared to the control group. Testosterone is a primary male gender hormone and any change in the normal levels may be devastating for reproductive and general health.

研究の種別:

研究助成

関連論文