研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[短報:携帯電話の認知機能への影響:無線周波放射以外の要因が関与する可能性] med./bio.

Cognitive effects of cellular phones: A possible role of non-radiofrequency radiation factors.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2011; 32 (7): 585-588

【背景と目的】いくつかの研究が、携帯電話からの無線周波放射(RFR)へのばく露中、ヒトの認知機能は変化するかもしれないことを見出した。我々は先の2件の研究において、そのような影響の検出には実験時間およびばく露頭側(携帯電話の位置が右か左か)が大きく影響するかもしれないことを見いだした。今回の短報では、先の研究のフォローアップ実験について報告する。【方法】29名の右利きの男性被験者を2群に分けた。各被験者は2台の標準的携帯電話機を頭部両側に装着し、空間的作業記憶タスクを遂行した。15名は左側ばく露、14名は右側ばく露の条件下で、タスクに応じて左手または右手のどちらかを用いて回答するように求めた。先の実験とは異なり、今回は、被験者から離れた位置に、携帯電話と接続した外部アンテナを置いた。このような設定により、携帯電話の内部アンテナからのRFRを防ぎ、RFRばく露を徹底的に減らした。【結果】今回のような実験設定にも拘らず、実験結果は我々が先の実験で得た結果と同様であった。このことは、先の研究でRFRに起因すると考えた影響のある部分は、何らかの交絡因子による結果であることを示唆している。訳者注:今回の実験計画は被験者間計画(一人の被験者は左右どちらかのばく露実験しか行わない)である。前回の実験で、タスクの慣れや疲労の影響が示されたため、それを回避するため被験者内計画(一人の被験者に左右両方のばく露実験を行う)は採用しなかったとしている。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the effects of exposure to radiofrequency irradiation, emitted by GSM cellular phones, on cognitive functions of humans. The study was a follow-up of previous studies (Eliyahu et al. 2006 and Luria et al. 2009) with a modified exposure set-up (with external antennas away from the body of the subjects to exclude effects of radiofrequency).

詳細情報

29 healthy males (right-handed) were divided into two groups: 1) exposure to the left side of the head (15 subjects) and 2) exposure to the right side of the head (14 subjects). All partcipants performed a spatial working memory task (that required either a left-hand or a right-hand response; three blocks of 50 trials).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 890.2 MHz
ばく露時間: not specified in the article

General information

Test persons were divided into two groups: i) exposure at the left side of the head ii) exposure at the right side of the head

ばく露1

主たる特性
周波数 890.2 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 not specified in the article
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • Nokia 5110
Distance between exposed object and exposure source 2 m
ばく露装置の詳細 two mobile phones attached to both sides of the head by a non-conductive frame in a position similiar to normal use; internal antenna positioned 1.5 cm away from the head; to exclude RF signals at the head, the phone's internal antenna was disabled and the signal was transmitted through an external remote antenna which was connected to the phone via a cable; phones silent during the test
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak 測定値 - -
電力密度 0.1 µW/cm² - 測定値 - at the subject's head
SAR 0.54 W/kg minimum 測定値 - -
SAR 1.09 W/kg maximum 測定値 - -

Reference articles

  • Luria R et al. (2009): [携帯電話からの放射の認知への影響:ばく露を受ける体側およびばく露時間の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Despite the different exposure setup with external antennas, the data remained similar to those obtained in the previous work (Eliyahu et al. 2006 and Luria et al. 2009): During the first block, the average reaction time of the right-hand responses under left-side exposure showed a trend for longer reaction times relative to the right-side exposure. These results indicate that some of the effects previously attributed to radiofrequency could be the result of some confounders (e.g. non-radiofrequency heating or low frequency magnetic field caused by the battery).

研究の種別:

研究助成

関連論文