研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話放射は健康なヒトにおけるアルファリズムの事象関連脱同期化および認知運動タスク成績を変化させる] med./bio.

Mobile phone emission modulates event-related desynchronization of alpha rhythms and cognitive-motor performance in healthy humans.

掲載誌: Clin Neurophysiol 2012; 123 (1): 121-128

【背景】GSM携帯電話電磁界GSM-EMFs)がヒトの脳波リズムに影響を与えることを我々は以前に報告したが(Vecchio et al., 2007, 2010)、そのような影響が認知機能の変化に関連するか否かはまだ不明である。【目的と方法】被験者(11人の健康成人)に1週間の間隔で2回の脳波計測の実験セッション交差法、擬似ばく露によるコントロール、二重ブラインド法による)を行った。どちらのセッションにおいても、GSM-EMFsの真のばく露または擬似ばく露の前と後に視覚的go/no-goタスクを実施した。GSM-EMFsばく露セッションでは、側頭皮質に45分間のGSM-EMFsの連続ばく露を与えた。擬似ばく露セッションでは、被験者は実験中GSM-EMFsのスイッチがオフであることに気づいていなかった。go/no-goタスクでは、中心凝視点刺激として緑色または赤色(それぞれの出現確率50%)に視覚刺激が連続的に提示され、被験者は緑色刺激の後、マウスボタンを押すように指示された(go試行)。アルファリズムの低い周波数(約8-10 Hz)と高い周波数(約10-12 Hz)のパワーのベースライン値からの低下の大きさを皮質の活動度の指標とした。【結果】GSM-EMFsばく露セッションでは、ばく露の前より後の方が、幅広く分布した高い周波数のアルファリズムのパワー低下が小さく、go刺激への反応時間が速かった。擬似ばく露では影響が見られなかった。【結論】今回の結果は、皮質活動に対するGSM-EMFsの影響によって、アルファ成分の事象関連脱同期(ERD)のピークの大きさおよびgo刺激に対する反応時間が変化することを示唆した。【意義】GSM-EMFsへの45分間ばく露はヒトの皮質神経の効率を高め、健常成人の単純な認知運動処理を高めるかもしれない。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The study tested the hypothesis that GSM electromagnetic fields affect both task-related alpha waves and cognitive motor performance.

詳細情報

11 subjects (eight males, three females) participated and underwent two EEG sessions separated by one week (exposure/sham exposure sessions).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 902.4 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 45 min

ばく露1

主たる特性
周波数 902.4 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 45 min
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

second modulation frequency: 8.33 Hz

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 1.5 cm
ばく露装置の詳細 GSM mobile phone placed in a modified helmet on the left side over the subject's ear; identical phone, which was switched off, placed on the right side of the helmet; subjects wearing the helmet could move around the room during exposure or sham exposure; each subject performed two sessions separated by one week
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak - - -
電力 0.25 W average over time - - -
SAR 0.5 W/kg maximum - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed lower peak amplitude high frequency alpha wave (10-12 Hz) ERD/ERS and faster reaction time to the green stimuli in the post- than pre-exposure period of the GSM session. No effect was found in the sham exposure session.
In conclusion, these results suggest that the peak amplitude of alpha wave ERD/ERS and the reaction time to the green stimuli are modulated by the effect of GSM electromagnetic fields on the cortical activity. Exposure to GSM electromagnetic fields for 45 minutes may enhance human cortical neural efficiency and simple cognitive-motor processes in healthy adults.

研究の種別:

研究助成

関連論文