研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[ELF電磁界への急性影響:400 kV送電線での活線作業者のフィールド研究] med./bio.

Acute effects of ELF electromagnetic fields: a field study of linesmen working with 400 kV power lines.

掲載誌: Br J Ind Med 1989; 46 (10): 729-737

この研究の目的は、電界磁界への急性ばく露の影響を調べることである。25-52才の26名の経験ある電線作業員を400kV送電線送電線で碍子の点検をシミュレートした環境で2日間働いた状態で調べた。作業の初日は、検査は運転中の送電線で行い、2日目は運転していないおなじような送電線で同様な点検を行った。心拍の測定から物理的な作業負荷については2日間の作業はおなじであった。電磁界へのばく露作業員のサンプリング様に設計した装置で行い、作業日の平均ばく露は、それぞれ2.8kV/m (SD= 0.35) と23.3uT (SD =4.2)であった。ばく露の影響は、4種の自動行動テスト、EEG,  感情スケール、症状を評価するためのアンケートで行った。個々の作業日の前後で全作業員で測定を行った。さらに、血液サンプルも、作業日でそれぞれの作業員から採取した。行動テストには簡単な反応時間、機敏テスト、短期記憶認知テストである。4つのEEG記録をブラインドで判断し、α活動の量と安定性を記録した。血液サンプルには、次のようなホルモンの変化に用いた。甲状腺刺戟ホルモン刺激ホルモン皮質やコルチゾル、テストテステロン、ネオプテリンなど。パラメトリックと非パラメトリックによる解析結果から、電界磁界へのばく露による2つの条件間で有意な違いはなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文