研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[非電離電磁放射および他の因子への職業ばく露があるがん患者についてのセンチネル(見張り役としての)症例シリーズ] epidem.

A sentinel case series of cancer patients with occupational exposures to electromagnetic non-ionizing radiation and other agents.

掲載誌: Eur J Oncol 2011; 16 (1): 21-54

研究の目的(著者による)

電磁非電離放射線及びその他の要因への職業ばく露のあるがん患者の症例シリーズが、イスラエルの医療機関によって報告された。更に、全ての種類の腫瘍についての潜伏期間が若い年齢で始まった高い職業ばく露と一貫して関連しているという仮説を調査すべきであった。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

ばく露

ばく露評価

調査対象集団

調査規模

タイプ
適格者 47
その他:

55の腫瘍のある47人のがん患者

結論(著者による)

全体として、異なる種類のがんを有するがん患者が47人(男性40人、女性7人)いた。15人は電磁界への最初の職業ばく露からがん診断までの潜伏期間が5年未満で、12人は潜伏期間が5-10年、残る20人は潜伏期間がより長かった。患者の多くは若く(20歳未満が7人、20-29歳が17人)、特にヘマトリンパ管腫及び精巣がんについて、潜伏期間が極端に短かった。精巣がんについての潜伏期間が非常に短く、ヘマトリンパ管腫及び固形がんについては潜伏期間がより長かったという事実は、電磁界及びその他の要因へのばく露の開始に関連した、生物学的にもっともらしい一貫した潜伏パターンを示唆している。

研究の限界(著者による)

この症例シリーズは比較的少ない数に基づいている。ばく露はインタビューで評価した。測定は実施されず、携帯電話等のその他の電磁界発生源は含まれなかった。

研究助成

関連論文