研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[軟部組織創傷治癒に与えるラジオ周波数電磁界の影響] med./bio.

Experimental study of the effects of radiofrequency electromagnetic fields on animals with soft tissue wounds.

掲載誌: Sci Total Environ 1996; 180 (1): 35-42

<目的>低強度のラジオ周波数EMFが軟部組織創傷過程に与える影響を実験的に明らかにする。<方法>5カ月齢のウイスターラットを用いて肩甲骨間の表皮を円形に剥離した。プラスチックのリングを埋め込み、創の上皮化と収縮を防いだ。最初の5日間、日に30分間種々のEMFに曝露した。用いたラジオ周波数EMFは1)53.53GHz 2)42.19GHz 3)42.19GHzで200MHzの振幅で周波数を変動させた。強度はすべて10mW/cm2である。各群15匹のラットを用いた。7日目に肉芽ー繊維組織を除去し、核酸、非コラーゲン蛋白、コラーゲン蛋白、糖蛋白、等を測定した。<結果および結論>1)全ての実験群で肉芽ー繊維組織の脱脂肪乾燥重量は、有意差はなかった。2)全てのEMF曝露群でDNA量は増加した。一方、RNA量は53.53GHz、42.19GHz群は対照群と有意差がなく、42.19GHz with modulation群で上昇した(表1)。3)アルギニンで代表される蛋白質は、53.53GHz、42.19GHz群で低く、42.19GHz with modulation群で上昇した(表2)。従って、周波数のmodulationがない群では細胞外マトリックスの生合成抑制されていることを示唆している。3非コラーゲンチロシン)量はすべてのEMF曝露群で上昇した。4)EMF without modulation群では、ハイドロオキシプロリンで代表されるコラーゲン量は対照群より、低下し、EMF with modulation群で上昇した(表3)。5)EMF曝露による蛋白量の変化は、糖蛋白の変化による。53.53GHzでは糖蛋白は著名に低下している。この時期は糖蛋白は炎症性浸出液中に存在するので、、炎症性浸出が抑制されていることを示す。42.19GHz with modulation群では著名に増加している(表4)。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of frequency modulated and non-modulated radiofrequency electromagnetic fields (RF EMF) on the dermal wound healing in rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 53.53 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 30 min/day for 5 days
ばく露2: 42.19 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 30 min/day for 5 days
ばく露3: 42.19 GHz
Modulation type: FM
ばく露時間: 30 min/day for 5 days

ばく露1

主たる特性
周波数 53.53 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min/day for 5 days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 Rats were placed in special plastic boxes where the wounded region was exposed.
Additional information Wistar rats with 15 mm diameter circular full-thickness dermal wound.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² unspecified - unspecified -

ばく露2

主たる特性
周波数 42.19 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min/day for 5 days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 Rats were placed in special plastic boxes where the wounded region was exposed.
Additional information Wistar rats with 15 mm diameter circular full-thickness dermal wound.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² unspecified - unspecified -

ばく露3

主たる特性
周波数 42.19 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min/day for 5 days
Modulation
Modulation type FM
Modulation frequency 200 MHz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 Rats were placed in special plastic boxes where the wounded region was exposed.
Additional information Wistar rats with 15 mm diameter circular full-thickness dermal wound.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² unspecified - unspecified -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • dermis
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Striking differences were observed between the effects of non-modulated and frequency modulated EMF exposure on granulation-fibrous tissue of wounded dermis. Exposure without frequency modulation decreased the amount of glycoproteins and macromolecules and so the inflammatory exudation was diminished. Whereas frequency modulated EMF exposure leads to significantly elevated levels of hexoses and sialic acid, also a pronounced accumulation of collagenous proteins was found.

研究の種別:

研究助成

関連論文