[マウスこう丸及び血清テストステロン濃度に及ぼす長期間ELF磁界ばく露に影響] med./bio.

Long-term effects of ELF magnetic fields on the mouse testis and serum testosterone levels.

掲載誌: Electro Magnetobiol 1995; 14 (2): 127-134

<目的>電磁界がこう丸の内分泌機能に及ぼす影響については意見が分かれている。本実験においてはELF磁界に長期間曝露した場合の雄マウス生殖器系への影響を明らかにする。 <対象・方法>OF1系マウスに50Hz,15μT(rms)垂直磁界を親の代(6週令から)曝露し、仔が10週令に育つまで続けた。室温22.2c、自然光、曝露群と対照群はいずれも雄6匹、雌12匹からなる。仔が性成熟を迎える10週令で検索(Fig1)こう丸の組織学的検索及び血清テストステロン濃度測定 <結果及び結論>Table1,Fig2に示されてあるようにこう丸の大きさ、重量が対照群に比べて有意に増加している。また血清テストステロン値は曝露群で有意に増加している(Fig3)。Katoら(1994)がテストステロン値に差がみられなかったのは曝露期間の差によるものであろうとコメントしている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文