研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの精細管の境界組織に対する電磁界の影響:光学顕微鏡および透過電子顕微鏡での研究] med./bio.

The effects of an electromagnetic field on the boundary tissue of the seminiferous tubules of the rat: A light and transmission electron microscope study.

掲載誌: Folia Morphol (Warsz) 2006; 65 (3): 188-194

この研究は、子宮内発達中(約3週間)から出生後5週間まで、30匹の仔ラットに50 Hzの電磁界EMF)のばく露を与え、精細管の境界組織への影響を調べた。また、ばく露終了後は、生じたかもしれない影響からの回復を観察するために、EMFのない環境に置かれた。精細管の境界組織は、光学顕微鏡および透過型電子顕微鏡で観察した。その結果、ばく露を受けたラットでは、境界組織のさまざまな層での破壊が観察された;この組織では、内層および外層からのコラーゲンおよび網状線維の損失が原因と思われる折りたたみが生じた;非細胞の外層は、対照群に比べ薄く、複数の箇所で筋様細胞層から剥ぎ取られ、「水疱様」の外観を呈した;その他にも多くの形態学的変化が観察されたが、これらの変化は、EMFばく露を除去した後、回復の兆候が見られた、と報告している。

研究目的(著者による)

本研究では、子宮ばく露したラット生殖系に対する、50Hz電磁界によって生じるかも知れない影響を調査した。

詳細情報

雄の仔ラット30匹を、子宮内での発達中に約3週間、出生後に5週間、50Hz電磁界ばく露した。半数の仔をばく露の最終日の直後に屠殺し、残りの半数をばく露なしの8週間の回復期間後に屠殺した。対照群も雄の仔ラット30匹で構成された。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 3 weeks in utero and 5 weeks postnatal

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 3 weeks in utero and 5 weeks postnatal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 two copper coils placed one above the other with a distance of 50 cm; rats placed between the coils
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 8 mT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露ラットで調査した組織には、各種の層での破損が認められた。この組織には陥入が認められ、これは恐らく、内側及び外側の非細胞層からのコラーゲン及び網状の原線維の喪失によるものであった。外側の非細胞層は、対照群よりも薄く、複数の領域で筋様細胞(管周囲収縮細胞)層から剥ぎ取られ、「疱疹様」の外観を示した。筋様細胞にはポリリボソーム、ピノサイトーシス小胞(流体エンドサイトーシス)及びグリコーゲン顆粒が少なかった。ほとんどのミトコンドリアには、内側のミトコンドリア膜の陥入が認められなかった。個々の筋様細胞間の接続は明らかに喪失していた。回復期には再生の兆候があった。
これらのデータは、低周波電磁界ばく露は細精管の境界組織に重大な変化を生じるかも知れないことを示唆している。

研究の種別:

研究助成

関連論文