[ラットにおける血液学的、生化学的パラメータに対する静磁界ばく露の影響] med./bio.

Effects of Static Magnetic Field Exposure on Hematological and Biochemical Parameters in Rats.

掲載誌: Braz. arch. biol. technol. 2006; 49 (6): 889-895

この研究はオスラットの成長速度、血液血漿タンパクレベル、グルコース濃度、乳酸脱酸素酵素LDH)、アミノ基転移酵素活性に対する静磁界SMF)の影響を調べた。SMF(128 mTで1日当たり1時間)へ5日間連続した亜急性ばく露では、LDH(+38%)活性、グルコース濃度(+31%)は増加したが、血液パラメータ、タンパクレベル、アラニンアミノ転移酵素ALT)とアスパラギンサンアミノトランスフェラーゼ(AST)活性は変化しなかった。静磁界に30日間(128mTで1日1時間)ばく露すると、第2週で成長速度が有意に低下し、血漿の全タンパクレベル(+62%)、ホモグロビン(+10%)、赤血球(+7%)、白血球(+17%)および血小板数(+10%)が有意に増加した。静磁界への亜急性ばく露は、また、LDH(+43%)、AST(+41%)およびALT(+95%)の増加が見られた。一方、グルコース濃度には変化がなかった。このような変化は静磁界へのばく露が、血球の増殖血液内の酵素の放出に影響する可能性を示唆している。

ばく露

関連論文