研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト好中球前駆細胞(CFU-C)に対するin vitroでのマイクロ波影響] med./bio.

In vitro microwave effects on human neutrophil precursor cells (CFU-C).

掲載誌: Bioelectromagnetics 1981; 2 (3): 203-215

この研究は、ヒトの骨髄細胞に、流体充填導波管照射システムを用いて、2450MHzのCWマイクロ波照射を行なった。20マイクロリットルのガラス製マイクロキャピラリー管に骨髄細胞懸濁液を入れ、そのガラス管をばく露チャンバー内に置き、電力密度31〜1,000mW / cm 2(対応する比吸収率は62〜2,000mW / g)で、15分間照射した。サンプルの温度は一定に維持された。擬似照射(SI)およびマイクロ波照射(MWI)細胞は、好中球コロニー増殖増殖させるために、メチルセルロース培養系で培養された。その結果、31または62mW / cm 2ばく露の場合、MWI細胞で、6-7日または12-14日目に好中球コロニー数減少は観察されなかった; 1,000mW / cm 2の場合、SI細胞に比べ、MWIのコロニー数が減少した;ヒト好中球コロニー形成細胞マイクロ波の相互作用は、温度上昇または細胞周期の状態に関連するようには見えず、また不可逆的であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 2450 MHz CW microwave exposure on the colony forming ability of human bone marrow cells in vitro.

詳細情報

Prior examination exposed cells were cultured for a period of 6-7 and 12-14 days respectively.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 15 min
  • SAR: 2,000 mW/g maximum (62 - 2000 mW/g)
  • 電力密度: 1,000 mW/cm² maximum (31, 62, 125, 250, 500, 1000 mW/cm²)

General information

the experiments were performed at different constant temperatures

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • fluid filled waveguide
チャンバの詳細 cells in glass microcapillary tubes inside an exposure chamber containing 0.9% saline solution continuously circulated by a constant temperature circulator
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2,000 mW/g maximum 計算値 - 62 - 2000 mW/g
電力密度 1,000 mW/cm² maximum 測定値 - 31, 62, 125, 250, 500, 1000 mW/cm²

Reference articles

  • Lin JC et al. (1979): [インビトロでのマウスの顆粒球およびマクロファージの前駆細胞に対するマイクロ波の影響]
  • Lin JC et al. (1977): [2450 MHz CWマイクロ波電磁界の細胞への影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

At low power desities (up to 62 mW/cm2) no reduction in neutrophil colony number was observed. However, at higher power densities a reduction was observed. This reduction did not depend on temperature rise or cell cycle state.

研究の種別:

研究助成

関連論文