研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[モノアラガイのニューロンのイオン性電流に対するミリ波の影響] med./bio.

Effects of millimeter waves on ionic currents of Lymnaea neurons.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1999; 20 (1): 24-33

この研究は、モノアラガイのニューロンのAタイプカリウムイオン電流に対するミリ波60.22-62.22GHzの影響と、カルシウムイオン電流に対するミリ波61.22GHzの影響を、ホールセル電位クランプ法により調べた。薄いテフロン膜でコーテングした方形導波管の開放端からミリ波照射した。放射口を生理的溶液に挿入して計測した比吸収率SAR)は0-2400W/kgであった。その結果、ミリ波照射により、両方のイオン電流のピーク振幅、活性化速度、不活性速度が増加した;Aタイプカリウムイオン電流の変化は、照射したミリ波の周波数に依存しなかったことから、この影響は温度上昇によるものであると考えられた;安定状態の活性化曲線および不活性化曲線に対して、ミリ波は何も影響しなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine the effects of Millimeter-waves on Ca2+ and fast-inactivating A-type K+ currents of Lymnaea neurons.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60.22–62.22 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 5 min, 10 min and 20 min
  • SAR: 2.4 W/g maximum
ばく露2: 75 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 5 min, 10 min and 20 min
  • SAR: 2.4 W/g maximum

ばく露1

主たる特性
周波数 60.22–62.22 GHz
ばく露時間 5 min, 10 min and 20 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • the open end of a rectangular waveguide with a 3.6 x 1.8 mm internal cross section
ばく露装置の詳細 The pipette with neuron was placed into the waveguide in such a way that the neuron was located at the center of the waveguide
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.4 W/g maximum 計算値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 75 GHz
ばく露時間 5 min, 10 min and 20 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.4 W/g maximum 計算値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Millimeter-wave irradiation had a significant effect on Ca2+ and fast-inactivating A-type K+currents of the Lymnaea neurons. Changes in the different parameters of the current can be explained mainly by the thermal effect of irradiation.

研究の種別:

研究助成

関連論文