研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2.4 GHzのコードレス電話による心拍変動の誘発研究の再現実験は最初の結果を確認] retracted

Replication of heart rate variability provocation study with 2.4-GHz cordless phone confirms original findings (RETRACTED).

掲載誌: Electromagn Biol Med 2013; 32 (2): 253-266

この研究は、69人の被験者(26-80歳;女性73%)の頭部近くにコードレス電話本体からの電磁界(2.4 GHz; 3-8μW/cm2)を3分間のばく露または擬似ばく露をランダムな順番で与え、その間の心拍変動(HRV)を分析した。実験は米国・カナダの6箇所の、協力を得られる一般家庭や医院で行った。これらの実験箇所は、元来、電磁界のバックグラウンドレベルが低い(その測定データを示している)が、汚い電気(dirty electricity)を低減するためにGraham Stetzerフィルターを設置した場合もあると述べている。その結果、HRV分析による分類では、7% が“中-高度の感受性”、29% が“低-中度の感受性”、30% が“感受性なしか少々あり”、6% が“不明”、であった;事前に調査した電磁過敏症の自己申告は、24% がHRVの結果と一致、32% が自己申告の方が過剰見積もり、40% が自分が電磁過敏症か否か分からない、であった;電磁過敏の体験を報告した39人の被験者のうち、36% がコードレス電話に感受性を示し、かつ心臓症状を体験したと述べた、などを報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of pulsed microwave exposure on heart rate variability in humans.

詳細情報

69 test persons were included in this replication study to Havas et al., 2010.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.4 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 3 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.4 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 continuous for 3 min
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 100 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • cordless phone base station (similar to DECT)
ばく露装置の詳細 tests were done at six different locations (either in a private home or doctor's office); GS Filters (Graham Stetzer filters, that filter frequencies between 4 kHz and 100 kHz) were installed where needed before testing to improve power quality; phone (base station) placed 30 cm - 50 cm from the subject's head
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3 µW/cm² minimum - - at the subject's head
電力密度 8 µW/cm² maximum - - at the subject's head

Reference articles

  • Havas M et al. (2010): [心拍変動を指標とした誘発研究において2.4GHzコードレス電話からのマイクロ波放射は自律神経系に影響することが示された]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A remarkable percentage of the test persons were moderately sensitive to very sensitive to exposure generated by a cordless phone based on heart rate variability, and these reactions were not psychosomatic. Under exposure conditions, a significantly increased heart rate, an altered heart rate variability and changes in the sympathetic and parasympathetic control of the autonomic nervous system were found in comparison to the sham exposure.
The results of this study are similar to those of the previous study (Havas et al., 2010). The authors conclude that the exposure to a 2.4 GHz-cordless phone could affect the autonomic nervous system of humans.

研究の種別:

Replicated studies

この論文に対するコメント