[電磁過敏症の患者に対する認知行動療法:主観的影響と反応の二重ブラインド誘発研究] med./bio.

A cognitive-behavioral treatment of patients suffering from "electric hypersensitivity". Subjective effects and reactions in a double-blind provocation study.

掲載誌: J Occup Environ Med 1996; 38 (8): 752-758

ここでは”電磁過敏症”患者の心理療法を試みた。17名の患者を処置群と試験待ち対照群にランダムに分けた。治療前後に二重盲検による誘発も試みた。症状の主観的な状況を調べ、血液サンプルを採取し、ストレス関連ホルモンプロラクチン、コルチゾル、DHEA、コレステロール)を調べた。実験群の患者は対照群よりも無気力な状況が減少した。これはこの疾病で、心理的な里長が効果的であることを示しているが、誘発試験からは心理生物学的な指標や自発反応などからは両群で何ら違いは見られていない。誘発テストからは、アレルギーに敏感な患者の群では電磁界に反応しないことである。

ばく露

関連論文