[50 Hz磁界ばく露応答におけるヒトのプラズマメラトニン分布の変化] med./bio.

Changes in human plasma melatonin profiles in response to 50 Hz magnetic field exposure.

掲載誌: J Pineal Res 1998; 25 (2): 116-127

<目的>50Hz、20μTの磁界に曝露されたヒトがメラトニン分布の異なった段階で正弦波または矩形波磁界を曝露されたとき、メラトニン合成や分泌に何らかの変化を示すかどうかを調べる。 <方法>磁界曝露は50Hz、20μTで、各個体に対してメラトニン濃度の上昇開始の予測された時刻と関連づけてある程度の回数なされた。上昇開始は、その前の遮へいされた夜間(screening night)から予測された。この曝露に対する応答は、実際の曝露条件と同等の模擬曝露(sham-exposure)と比較された。 <結果>曝露が上昇開始に先行する場合、約30分の模擬曝露と比較して開始時刻に著しい遅れが観測され、最大メラトニンレベルの減少が示唆された。時間遅れ分布の分析は、反応した個体数(約20%)としなかった個体数の間で一致した。矩形波電流によって作られる磁界は、正弦波電流と比べて最大レベルがより大幅に減少したが、開始時刻には重要な差はなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文