研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[日中50 Hz磁界ばく露とヒトにおける血中メラトニンと尿中メラトニン代謝物濃度プロフィール] med./bio.

Daytime 50 Hz magnetic field exposure and plasma melatonin and urinary 6-sulfatoxymelatonin concentration profiles in humans.

掲載誌: J Pineal Res 2001; 31 (3): 234-241

この研究は、超低周波(ELF)磁界MF)の生体との相互作用のメカニズムの候補として提案されている松果体機能変化について、二重ブラインド化ボランティア試験により調査した。試験したのは、日中の50 Hz MF(100μT rms)ばく露効果である。試験では、3回の頭部ばく露セッション(30分間)を、週1回ずつ3週間に分けて行なった(擬似ばく露、連続ばく露、断続ばく露(15秒間のオン/オフサイクル)セッションである)。各ばく露セッションは、午後の早いまたは遅い時刻(13:30または16:30)に実施した。ボランティアは21人の健康な男性(20〜27歳)である。血清メラトニン測定のための採血を、管理された環境条件下で、夜間(20時から7時まで)、1時間毎に実施した。主なメラトニン代謝産物である6-スルファトキシメラトニン(aMT6s)の17時間(実験日の14時から翌日の7時まで)にわたる尿中排泄を、午後、夕方、夜間の3回の採尿サンプルから測定した。その結果、3つのばく露条件において、血漿メラトニンおよび尿中aMT6sのどちらのプロファイルにも有意差はなかった;しかし、連続ばく露セッションの後に、夜間尿aMT6の小さな増加傾向が見られ(P = 0.08)、特にaMT6の排泄速度が低い男性においてその傾向は大きかった(P = 0.07);日中の急性MFばく露メラトニン分泌またはaMT6s排泄のどちらにも影響しないことが示されたが、メラトニン松果体産生における個体差を、今後の研究で考慮の必要がある、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The effects of a head exposure of human subjects to a 50 Hz magnetic field on plasma melatonin and urine hydroxymelatoninsulfate levels should be investigated.

詳細情報

21 male subjects participated in the study. Each subject attended one continuous exposure session, one intermittent exposure session and one sham exposure session in the afternoon with 1-week intervals in between, respectively.
Blood and urine samples were collected after each exposure session from the evening to the next morning.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 30 minutes
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: intermittent (15 s on/off cycles) for 30 minutes

General information

ambient AC field was < 0.06 µT (rms) and DC field was 40 µT (rms) at an inclination of 60°N

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous for 30 minutes
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 coils were arranged in a "magnetic helmet": a cubic structure formed by six Helmholtz coils, 35 cm in diameter, distributed in the three orthogonal directions; generated field was uniform and parallel to the direction of the local geomagnetic field
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT effective value - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 intermittent (15 s on/off cycles) for 30 minutes
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT effective value - - -

Reference articles

  • Crasson M et al. (1999): [50 Hz磁界がヒトの遂行能力や精神生理学的パラメータに及ぼす影響:2つの二重ブラインド実験研究]
  • Crasson M et al. (1993): [50 Hz磁界ばく露が神経心理学的および神経内分泌的パラメーターに与える影響に関する予備的研究]
  • Cook MR et al. (1992): [60 Hz磁界へのヒトばく露の再現実験:神経行動尺度への影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant differences were found in either plasma melatonin and urine hydroxymelatoninsulfate levels between continuous exposure, intermittent exposure or sham exposure conditions. However, a tendency to smaller night-time urine hydroxymelatoninsulfate levels after continuous exposure compared to sham exposure was found, particularly in subjects with relatively low natural urine hydroxymelatoninsulfate levels.
The authors conclude that there are no indications for effects of a head exposure of human subjects to a 50 Hz magnetic field on plasma melatonin and urine hydroxymelatoninsulfate levels.

研究の種別:

研究助成

関連論文