研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの免疫系へのマイクロ波(2450 MHz)の影響:核酸とタンパク質合成の研究] med./bio.

Effect of microwaves (2450-MHz) on the immune system in mice: studies of nucleic acid and protein synthesis.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1980; 1 (2): 161-170

この研究は、成獣オスのCBA / Jマウスに、2450 MHzマイクロ波を環境制御された導波管内で1回または3回照射し、その影響を調べた。 1回のばく露における平均SARは、12から15mW / gの範囲で変動した。擬似ばく露マウスを対照として用いた。1回ばく露(第0日)後の第3日、6日、9日、3回ばく露(第0、3、6日)後の第9日、12日、16日にリンパ系細胞を採取し、代謝活性試験をした。代謝率は、試験前に4時間から7日間培養してから実施した。その結果、インビトロ脾臓骨髄および末梢血リンパ球PBL)に取り込まれるメチル(3H)- チミジン(3H-TDR)(DNA基質)、3H-ウリジン(3 H-UR)(RNA基質)および3 H-ロイシン(タンパク質基質)の測定では、マイクロ波デオキシリボ核酸(DNA)、リボ核酸RNA)、およびタンパク質合成に検出可能な変化を生じさせなかった:マイクロ波ばく露により補体受容体(CR)または表面免疫グロブリン(sIg)を有する細胞の出現頻度は増加したが、細胞増殖および/またはタンパク質合成の同時増加を伴っていなかったので、マイクロ波はすでに存在するB細胞前駆体の成熟を刺激するという考え方が支持される、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate whether the increased frequency of complement-receptor positive splenocytes (splenic cells) by microwave irradiation is associated with elevated nucleic acid and protein synthesis.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 30 min ( 1 or 3 exposures)
  • SAR: 15 mW/g maximum (whole body) (12 - 15 mW/g (average))
  • SAR: 12 mW/g minimum (whole body)
  • 電力: 600 mW

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min ( 1 or 3 exposures)
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 mice in transparent polystyrene holders were oriented with their heads towards the irradiation source
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 15 mW/g maximum 計算値 whole body 12 - 15 mW/g (average)
SAR 12 mW/g minimum 計算値 whole body -
電力 600 mW - - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant differences between the incorporation of ³H-thymidine (DNA substrate), ³H-uridine (RNA substrate), and ³H-leucine (protein substrate) for microwave exposed and sham-exposed cultured cells were observed. A significant increase in the frequency of complement-receptor positive (CR+) splenocytes was observed. The increased number of CR+ splenocytes as a result of microwave exposure is not associated with significant changes in the rate of nucleic acid and protein synthesis in spleen cells, bone marrow, or peripheral blood lymphocytes.

研究の種別:

研究助成

関連論文