[ヒトの視覚タスクと心臓血管系の性能に対する50 Hz磁界ばく露の急性影響] med./bio.

Acute effects of 50 Hz magnetic field exposure on human visual task and cardiovascular performance.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1996; 17 (2): 131-137

100人の男女(18-48歳)を対象に、ばく露擬似ばく露環境で調査を行った。50Hz、100μT磁界(MF)を使用し、ばく露の効果を調べるために、3レベルを用い2選択、制限付き選択、持続弁別作業を行った。対象作業は、連続して提示される2つの光のどちらが、より長時間光ったかを判定することであった。標準の持続時間は50msで、代替の持続時間は65、100、125msであった。反応時間と正解率を記録し、磁界擬似ばく露でそれぞれ9分間行った。血圧心拍数は、磁界ばく露擬似ばく露の前後で測定した。試験は、二重盲検で実施された。擬似ばく露に比べて、磁界ばく露は作業の最も困難なレベルの反応時間を非常に減少させ、正解率や心臓血管の性能に影響しなかった。相対的に高レベルの統計的検出力が、観測された磁界効果の基礎にあることが示され、将来研究を行うには細心の注意を払う必要が述べられている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

Replication studies

この論文に対するコメント

関連論文