研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[50 Hz磁界にばく露したヒトのECG変化] med./bio.

ECG changes in humans exposed to 50 Hz magnetic fields.

掲載誌: J Occup Health 2005; 47 (5): 391-396

研究目的(著者による)

1) 変電所から生じる磁界強度を測定すること。

2) この磁界データ及びばく露のパターンについて収集した追加データを用いて、変電所での被験者ばく露を推定すること。

3) ばく露レベルが心電図に影響し得る量‐反応パターンを示すかどうかを判定すること。

詳細情報

合計59人の被験者変電所作業者)を3つの独立した磁界強度グループに分け、比較した。労働衛生センター(職場ではない)で静止位置で心電図を記録した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: daily exposure of 12 h for at least 5 years
location 1
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: daily exposure of 12 h for at least 5 years
location 2
ばく露3: 50 Hz
ばく露時間: daily exposure of 12 h for at least 5 years
location 3

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 daily exposure of 12 h for at least 5 years
Additional information location 1
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • transformer substation at location 1 (low exposure)
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.067 µT average over time 推定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 daily exposure of 12 h for at least 5 years
Additional information location 2
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • transformer substation at location 2 (medium exposure)
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1.18 µT average over time 推定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 daily exposure of 12 h for at least 5 years
Additional information location 3
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • transformer substation at location 3 (high exposure)
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 5.2 µT average over time 推定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、磁界強度と反応との関係が非線形であることを示唆している。調整後の平均QTc値は、「低」ばく露と「高」ばく露で同等であったが、「中」ばく露では有意に低かった。

この結果についての著者らの解釈は、この非線形効果は特定のばく露パターンのせいだったかも知れず、一般的には、時間加重平均のような単純な尺度を用いた電界及び磁界ばく露の特徴付けは不充分かも知れない、というものである。

研究の種別:

研究助成

関連論文