[2.4Tの強い静磁界へのばく露後のショウジョウバエ(D. subobscura:昆虫、双翅目)の適応因子および抗酸化防御における変化の推定] med./bio.

Estimation of changes in fitness components and antioxidant defense of Drosophila subobscura (Insecta, Diptera) after exposure to 2.4 T strong static magnetic field.

掲載誌: Environ Sci Pollut Res Int 2015; 22 (7): 5305-5314

この研究は、2.4Tの強い静磁界(VINCYサイクロトロン磁石)のばく露を受けたショウジョウバエ(D. subobscura:昆虫、双翅目)における適応因子(後胚発生、個体の生存率)および抗酸化防御(SOD:スーパーオキシドジムスターゼ、カタラーゼ、総グルタチオン)を分析した。ショウジョウバエは、採取した森林別に、樫の森の系統と海岸の森の系統の2つを実験した。初例幼虫を入れたバイアルをそれぞれ磁石のN極(N群)、S極(S群)に2時間置いた。結果として、N、S群とも対照群に比べ、発生時間が延長し、生存率が低下した;総グルタチオン含有量は、樫系統のN、S群で有意に低下した;カタラーゼ活性は、海岸系統のN、S群で有意に上昇した、などを報告している。

ばく露

関連論文