研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[Blaptica dubia[アルゼンチンモリゴキブリ]の若虫の特徴が異なる磁界への長期ばく露:抗酸化バイオマーカーに対する影響及び若虫の消化管の質量] med./bio.

Long-term exposure of cockroach Blaptica dubia (Insecta: Blaberidae) nymphs to magnetic fields of different characteristics: effects on antioxidant biomarkers and nymphal gut mass.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2019; 95 (8): 1185-1193

この研究は、アルゼンチンモリゴキブリ[Blaptica dubia]の若虫の消化管の質量及びその組織中の抗酸化バイオマーカーに対する、静磁界及び超低周波(ELF)磁界への長期的影響を調べた。1月齢の若虫を、静磁界(110 mT)またはELF磁界(50 Hz、10 mT)にばく露した。その結果、ばく露群の消化管の質量は対照群と比較して有意に減少した。スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)及びカタラーゼ(CAT)活性は対照群よりも顕著に高く、磁界ばく露群間の違いはSODのみで統計的に有意であった。印加した磁界グルタチオンGSH)総量には影響しなかった。グルタチオンレダクターゼ(GR)及びグルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)の活性は、両ばく露群で対照群よりも有意に低下した。主成分分析法(PCA)では、対照群ばく露群との差に対する主な寄与因子は、PCA1ではCAT及びGST、PCA2ではSOD及びGRであることが示された。PCAでは抗酸化バイオマーカーの反応に応じて、両ばく露群を明確に分けられた。この研究で印加した磁界は、消化管の質量ならびに調査対象のバイオマーカーに影響力を及ぼす潜在的ストレス要因であるとみなすことができる、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: for 5 months
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: for 5 months
  • 磁束密度: 10 mT mean (approximate value with uniformity of ± 69.12%)

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 for 5 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • permanent magnet
チャンバの詳細 3-5 nymphs in Petri dishes
ばく露装置の詳細 a double-U shaped permanent magnet; Petri dishes were placed between the poles (distance 4.5 cm); the magnetic field lines were parallel to the vertical component of the
geomagnetic field; the temperature was stable during the experiment with 26 ± 0.2°C
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 110 mT - 測定値 - field homogeneity ± 26.87%

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 for 5 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 see field 1
ばく露装置の詳細 electromagnet consisting of a regular laminated transformer core surrounded by three pairs of coils; each coil was made of 84 copper wires (1 mm in diameter); the surface of the poles was 44.6 cm2 with a 7.5 cm space
between them; the magnetic field lines were parallel to the vertical component of the geomagnetic field; the average temperature was 26.3 ± 0.05°C
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 mT mean 測定値 - approximate value with uniformity of ± 69.12%

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文