[400 µTの電磁界によるラット骨髄由来幹細胞の増殖および分化] med./bio.

Proliferation and differentiation of rat bone marrow stem cells by 400 µT electromagnetic field.

掲載誌: Neurosci Lett 2016; 612: 1-6

この研究は、骨髄幹細胞(BMSCs:42匹の成獣雄ラットから採取)の生存率増殖および神経への分化に対する電磁界EMF)の影響を調べた。96ウェルおよび6ウェル培養プレートにばく露したEMFは、強度が40または400μT、波形交流AC)、半波整流(RHW)および全波整流(RFW)、ばく露期間は1週間である。その結果、ばく露群では生存および増殖の低下が見られたが、AC群での低下が有意であった、などを報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文