研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[GSM900 MHzマイクロ波放射で誘導されたラットのインスリンレベル変化および肝臓および膵臓の病理組織学的変化] med./bio.

GSM 900 MHz Microwave Radiation-Induced Alterations of Insulin Level and Histopathological Changes of Liver and Pancreas in Rat.

掲載誌: J Biomed Phys Eng 2016: 235-242

この研究は、ラットインスリンレベルに対するGSM携帯電話からの無線周波電磁界放射SAR= 2.0W/kg)の影響を調べた。成獣雌SDラット(n=42)を4群に分けた;2つのばく露群(RFばく露6時間/日、7日間;同3時間/日、7日間)とそれぞれの擬似ばく露群である。その結果、RFばく露ラットのインシュリン分泌に影響しなかった;しかし、ばく露群では、肝臓門脈域での炎症性の変化、ランゲルハンス島細胞の損傷が観察された、と報告している。

研究目的(著者による)

ラットの血中インスリンレベル、肝臓および膵臓の病理組織学的変化に対する 900 MHz 電磁界(GSM)ばく露の影響を調べること。

詳細情報

42匹の雌ラットを4群に分けた: 1) 6時間/日の電磁界ばく露を1週間 (n=14)、2) 6時間/日の擬似ばく露を1週間 (n=7)、3) 3時間/日の電磁界ばく露を1週間 (n=14)、4) 3時間/日の擬似ばく露を1週間 (n=7)。病理組織学的分析では、2つの擬似ばく露群をプールした。全ラットは、ばく露開始から9日目に屠殺された。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: continuous for 6 hours/day for one week
ばく露2: 900 MHz
ばく露時間: continuous for 3 hours/day for one week

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 6 hours/day for one week
Additional information GSM talk mode
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • Nokia 1200
Distance between exposed object and exposure source 5 cm
チャンバの詳細 plexiglass restrainers
ばく露装置の詳細 the mobile phone in talk mode was used for exposure; the distance between the antenna of the mobile phone and the head of the animals was 5 cm; during the exposure, animals were immobilized by placing their body in plexiglas restrainers
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2 W/kg - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 3 hours/day for one week
Additional information GSM talk mode
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Distance between exposed object and exposure source 5 cm
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2 W/kg - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露群 (グループ 1および3)では、それぞれの擬似ばく露群に比べ、血中インスリンレベルに有意差がなかった。

グループ 1 (6 時間/日のばく露)の肝臓において、限界板への細胞浸透を伴う肝小葉門脈域への単核細胞の重度の浸潤が観察された。グループ 3 (3 時間/日のばく露)では、限界板への細胞浸透は無く、門脈域への単核細胞の軽度の浸潤のみが観察された。擬似ばく露群では、病理組織学異常は観察されなかった。

グループ 1 の膵臓において、ランゲルハンス島の大部分で解離が観察された。グループ3では軽度の解離が見られた。擬似ばく露群では、病理組織学異常は観察されなかった。

著者は結論として、「ラットの 900 MHz電磁界(GSM) へのばく露は、肝臓および膵臓組織病理学的変化を引き起こす可能性がある」と述べている。(EMF-Portalによる注記: この結論はアブストラクトに書かれているものである。論文の結末に表されている結論は、論文の残りの部分と論理的関連がないので、恐らくこの研究のものではない。).

研究の種別:

研究助成

関連論文