研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[テヘランに住む妊婦における電磁界ばく露と流産の関連] epidem.

Association between electromagnetic field exposure and abortion in pregnant women living in Tehran.

掲載誌: Int J Reprod Biomed (Yazd) 2016; 14 (5): 347-354

この研究は、テヘラン市の主要7地区に住む、社会文化的状態が同等である妊娠12週未満の妊婦462人に関する縦断調査である。面談インタビューで収集されたデータ、各人の出産に関する医療機関からの情報、各人の住宅玄関での電磁界測定値(Narda社製測定器による)を分析した。その結果、Wald検定で、ばく露レベルと流産との関連の有意性は確認されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究の目的(著者による)

A study was conducted in Iran to investigate the association between radiofrequency electromagnetic field exposure and abortion.

詳細情報

Remark EMF-Portal: There are some inconsistences in data on sample size between text and tables.

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 475
参加者 413
統計学的分析方法:

結論(著者による)

No consistent significant association between radiofrequency electromagnetic field exposure and abortion was observed.
The authors conclude that the results may provide no strong or consistent evidence for an association between electromagnetic field exposure and abortion.

研究の限界(著者による)

The study is limited by its small sample size.

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文