研究のタイプ: 疫学研究

[携帯電話使用、学校の電磁界レベルおよび関連する症状:イズミールの高校生2150人の横断的調査] epidem.

Mobile phone use, school electromagnetic field levels and related symptoms: a cross-sectional survey among 2150 high school students in Izmir.

掲載誌: Environ Health 2017; 16 (1): 51

この研究は、高校生の携帯電話使用の特徴、および高校の電磁界レベルと、自己申告の症状との関連を調べた。データは、2009年11月~2011年4月に実施したアンケート調査および学校での電磁界レベルの測定によって収集した。26の高校の生徒20493人から2530人のサンプルサイズが計算され、うち2150人(85.0 %)を分析に含めた。23の症状の頻度を質問し、携帯電話使用についての16の側面および高校の電磁界レベルに従って分析した(量反応関係を含む)。単変量分析にはχ^2および傾向性検定、多変量分析にはロジスティック回帰を用いた。その結果、参加者のうち2021人(94.0 %)が携帯電話を使用しており、129人(6.0 %)が使用していなかった。ユーザーのうち、49.4 %は通話時間が1日当たり10分未満で、52.2 %はメッセージを1日当たり75件以上送受信していた。携帯電話ユーザーでは、頭痛、けん怠感、睡眠障害がそれぞれ、1.90倍(95 %信頼区間(CI)=1.30-2.77)、1.78倍(1.21-2.63)、1.53倍(1.05-2.21)多く認められた。量反応関係は特に、ばく露[の尺度]としての1日当たりの通話件数、1日当たりの総通話時間、1日当たりのテキストメッセージ総数、夜間の携帯電話の位置および状態、ならびに充電中の通話と、一般的な症状としての頭痛、集中困難、けん怠感、睡眠障害、局所的な症状としての耳の温感および紅潮について認められた。著者らは、携帯電話使用と、特に頭痛、集中困難、けん怠感、睡眠障害および耳の温感との関連、ならびに量反応関係が認められた;基地局への近接度と幾つかの一般的症状との限定的な関連が見られたが、学校での電磁界レベルとの関連は認められなかった;と結論付けている。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 mobile phone use: no
集団 2 mobile phone use: yes
参照集団 3 number of calls per day: < 1
集団 4 number of calls per day: 1 - 4
集団 5 number of calls per day: ≥ 5
参照集団 6 total duration of calls per day: < 5 min
集団 7 total duration of calls per day: 5 - 9 min
集団 8 total duration of calls per day: 10 - 30 min
集団 9 total duration of calls per day: > 30 min
参照集団 10 status and position of mobile phone at night: off
集団 11 status and position of mobile phone at night: on, ≥ 1 m away
集団 12 status and position of mobile phone at night: on, 25 - 99 cm away
集団 13 status and position of mobile phone at night: on, 0 - 24 cm away
参照集団 14 position during daytime: does not carry, leaves at home or in a furniture at school
集団 15 position of phone during daytime: in the bag
集団 16 position of phone during daytime: in the pocket of overcoat or jacketthe bag
参照集団 17 status while studying: off
集団 18 status while studying: on, silent mode
参照集団 19 distance to base station: > 300 m
集団 20 distance to base station: ≤ 300 m
参照集団 21 exposure in school building: 1st quartile (≤ 0.602 V/m)
集団 22 exposure in school building: 2nd quartile (0.603 - 0.850 V/m)
集団 23 exposure in school building: 3rd quartile (0.851 - 1.51 V/m)
集団 24 exposure in school building: 4th quartile (≥ 1.52 V/m)

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 2,240
評価可能 2,150
統計学的分析方法:

研究助成

関連論文