[哺乳類単層及びスフェロイド培養系におけるcAMPと細胞間コミュニケーションに及ぼす50 Hz磁界の作用] med./bio.

Action of 50 Hz magnetic fields on cyclic AMP and intercellular communication in monolayers and spheroids of mammalian cells.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1995; 16 (6): 381-386

<目的>細胞の密度および多細胞Spheroid等の細胞側状件により50Hz磁界に対する反応性にいかなる影響があるかを検討。 <方法>SV40-Swiss-3T3線維芽細胞を単層あるいはSpheroid培養し、細胞に垂直に2mT/50Hz磁界に5分間曝露した。対照群は2~4μTとした。cAMPはRIA法で細胞間コミュニケーションはルシファイエロ色素をマイクロインジェクションし蛍光顕微鏡下で観察した。 <結果>単層培養では1×10^5cells/c㎡ではcAMPが上昇し、3×10^5cells/c㎡では著明に減少した。細胞間コミュニケーションは約1.6倍に増加した。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文