[60 Hz磁界が細胞内情報伝達系を介して作用することの実験的証拠カルシウム流入とc-MYCメッセンジャーRNA発現に及ぼす影響] med./bio.

Experimental evidence for 60 Hz magnetic fields operating through the signal transduction cascade. Effects on calcium influx and c-MYC mRNA induction.

掲載誌: FEBS Lett 1993; 334 (3): 301-308

<目的> 電磁界により、Ca++輸送が影響されることがほぼ一致した実験結果として報告されている。さらにメッセンジャーRNAも影響されることが報告されている。本実験ではラット胸腺細胞を60Hz磁界に曝露し、Ca++流入とc-MYC mRNAを同じ細胞群から測定する <方法> SD系ラット胸腺リンパ球を用いた。60Hz 22mT(220G)、60分を曝露。mRNAはノーザンブロント法によった。 <結果および結論> 図2に示したように磁界に曝露した細胞ではCa++流入が有意に増大し、同時に測定したc-MYC mRNAも有意に増大した(図5)。Ca++流入の増加しなかった例では、c-MYCも増加しなかったことから、Ca++流入の増大が細胞内情報伝達系を活性化し、c-MYCを増加させたと推論される。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文