研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[意識のあるラットの2450 MHz連続マイクロ波への急性腹部ばく露の心臓血管系、血液、生化学上の影響] med./bio.

Cardiovascular, hematologic, and biochemical effects of acute ventral exposure of conscious rats to 2450-MHz (CW) microwave radiation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1986; 7 (2): 223-233

この研究は、未麻酔ラットを用いて、2450MHz(CW)マイクロ波照射の急性(6時間)ばく露が、心臓血管系生化学および血液学の指標に及ぼす影響を調べた。血圧心拍数のモニタリングおよび血液サンプリングのためのカテーテルを、メトキシフルラン麻酔下で右大腿動脈挿入した。結腸温度は、直腸内に5cmの深さまで挿入されたVITEKサーミスタプローブでモニターした。その後、覚醒したラットを、無響チャンバ内の換気付き拘束ケージに入れた。実験中、チャンバ内の温度および湿度は、それぞれ22±0.5℃および60±5%(平均±S.E.)に維持された。ラット(n=60)を 0 mW / cm 2(擬似ばく露)または10 mW / cm 2(ばく露)のいずれかに6時間ばく露した。ばく露中、ラットの向きは電界に垂直にされ、測定された比吸収率SAR)は3.7mW / gであった。ばく露前(時間 0)の平均動脈圧(MABP)、心拍数、および結腸温度の平均±SEはそれぞれ、120±5mmHg、450±10拍/分および37.0±0.2℃であった;擬似ばく露ラットでは、これらの値は6時間を通して安定が保たれた;ばく露したラットでは、MABPまたは結腸温度に影響は見られなかったが、ばく露1時間後に、心拍数有意な低下が認められた(450対400 拍/分);この心拍数の低下は、残りのばく露期間を通じて持続された;検査した血液学的または生化学的パラメータのいずれも、マイクロ波ばく露の影響を受けなかった;他のメカニズムが原因であるかもしれないが、この心拍数の減少は、マイクロ波による加熱の結果、安静時代謝率の低下がもたらされたための微妙な心血管調節によるものであった可能性がある、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine the influence of acute (6 h) exposure to 2450 MHz (continuous wave) microwave irradiation on certain cardiovascular, biochemical, and hematologic indices in rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 6 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 6 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 0.45 m
チャンバの詳細 small metal chamber 61cm x 61cm x 122 cm lined with microwave absorber (-35dB at 2,45GHz)
ばく露装置の詳細 17 cm x 5 cm x 6 cm cage constructed of 1/2 x 3/8 inch grid acrylic with a styrofoam holder placed inside the chamer
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 3.7 mW/g average over mass - whole body -
電力密度 10 mW/cm² - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

In the sham-exposed and exposed animals, the preexposure mean arterial blood pressure, heart rate, and colonic temperature were approximately 120 +/- 5 mmHg, 450 +/- 10 beats/min, and 37.0 +/- 0.2°C, respectively. In the sham-exposed animals these values remained stable throughout the 6 h exposure period. In the exposed rats, no effects were observed on mean arterial blood pressure or colonic temperature; however after 1 h of irradiation, a significant decrease in heart rate was noted (450 versus 400 beats/min). This reduction in heart rate persisted throughout the remainder of the exposure period. None of the hematologic or biochemical parameters investigated were affected by the microwave irradiation. Although other mechanisms may be responsible, this reduction in heart rate may have been due to cardiovascular adjustments because of microwave-induced heating with a resultant decrease in resting metabolic rate.

研究の種別:

研究助成

関連論文