研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[海馬損傷の実験モデルにおける神経発生および認知行動に対する超低周波電磁界の影響] med./bio.

Effects of Extremely Low-Frequency Electromagnetic Fields on Neurogenesis and Cognitive Behavior in an Experimental Model of Hippocampal Injury.

掲載誌: Behav Neurol 2017; 2017: 9194261

この研究は、神経毒性物質の塩化トリメチルスズ(TMT)での処理後の神経発生および記憶に対する超低周波(ELF)電磁界の影響を調べた。連続7日間の実験中、全てのマウス(n = 56)にBrdUを注射して新生細胞を標識した後、モリス水迷路試験(MWM)で空間記憶を評価した。実験終了時、免疫組織化学およびウェスタンブロット分析を用いて海馬での神経発生および神経分化を評価した。その結果、ELF電磁界ばく露により、MWMでの空間学習および記憶が改善した。また、歯状回でのBrdU+およびNeuN+細胞の数が増加した。ウェスタンブロット分析では、TMT処理群と比較して、ELF電磁界ばく露群にNeuroD2の有意な上方制御が認められた。これらの知見は、ELF電磁界には神経変性過程の改善について臨床的な意味合いがあるかも知れないことを示唆しており、再生医療における新たなアプローチの開発の助けになり得る、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 animals were exposed in a plastic cage inside the center of a cylinder surrounded by solenoids
ばく露装置の詳細 two solenoids were connected to an AC power generator; each solenoid was made of a 380 turn-coil (diameter 19 cm and length 17.5 cm) and a long magnetic wire twisted around a Plexiglass cylinder; temperature was measured and controlled with an external temperature sensor to minimize temperature changes
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information a similar setup was placed in an EMF-protected container for the control group
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文