[超低周波変動電磁界のイン・ビトロでのがん細胞及び非がん細胞への影響は異なる:予備的研究] med./bio.

Extremely low frequency variable electromagnetic fields affect cancer and noncancerous cells in vitro differently: Preliminary study.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2018; 37 (1): 35-42

超低周波(ELF)電磁界へのばく露は、細胞レベルでの様々な変化を生じることがある。この研究は、各種の細胞に対するELF電磁界の影響を同定するため、指数増殖期のがん細胞(U87-MG[ヒトグリア芽腫細胞];143B[ヒト骨肉腫細胞])及び非がん細胞(BJ[ヒトB細胞];HEK[ヒト胎児細胞])を、周波数(2、20、30、50、60 Hz)、波形正弦波矩形波、三角波)、ばく露時間(0.5、1、2、3時間)が異なる電磁界ばく露または疑似ばく露した。ばく露後、MTTアッセイ細胞の生存率を調べた。その結果、著者らは、ELF電磁界ばく露したがん細胞及び非がん細胞の生存率に対する影響が異なることを見出した。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文