研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[淡明細胞型腎がんに対する超低周波電磁界の影響力] med./bio.

The Influence of the Extremely Low Frequency Electromagnetic Field on Clear Cell Renal Carcinoma.

掲載誌: Int J Mol Sci 2021; 22 (3): 1342

この研究は、淡明細胞型腎がんの4つの細胞株(HEK293、786-O、769-P、Caki1)における形態学的および機能的変化に対する、超低周波(ELF)電磁界の影響を調べた。その結果、786-O株ではG1期での細胞周期停止、初期アポトーシス細胞数の増加、生細胞数の減少が認められた。HEK292株には影響は認められなかった。全ての細胞株で、移動および転移特性に対する阻害作用、ばく露終了の短時間後に活性酸素種ROS)レベルの有意な上昇が認められた、と著者らは報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 4.5 mT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文