研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[DMBA処理した雌ラットの50 Hz、50μT磁界ばく露:乳腺腫瘍の成長、メラトニンレベル、Tリンパ球活性への影響] med./bio.

Exposure of DMBA-treated female rats in a 50-Hz, 50 microTesla magnetic field: effects on mammary tumor growth, melatonin levels, and T lymphocyte activation.

掲載誌: Carcinogenesis 1996; 17 (5): 903-910

この研究は、50 Hz、50μTの磁界MF)への慢性ばく露が、メスのラットのDMBA(7,12-dimethylbenz [a] anthracene)乳がんモデルに与える影響を調べた。夜間メラトニンレベルにも注目した。216匹のメスのSprague-Dawleyラットを4つの群に分けた。2群(各99匹)は、DMBAの経口投与後、50 Hz、50μTのMFに24時間/日、7日/週で、91日間のばく露(または擬似ばく露)を受けた。他の2群(各9匹)は、DMBA処理なしで、同様のMFばく露(または擬似ばく露)を受けた。DMBA処置動物を週1回触診して乳房腫瘍の発生を評価した。3ヶ月のMFばく露終了後に、剖検して乳腺腫瘍の数と大きさが測定された。別の対照動物において、DMBAは最初の投与後3カ月以内に約55%に触知可能な腫瘍誘導することを確認した。その結果、DMBA投与の8週間後に、MFばく露群は擬似ばく露群よりも有意に多くの腫瘍を示した;剖検時には、MFばく露+DMBA処置群の方が、DMBA処置の対照よりも肉眼的に見える乳房腫瘍が有意に多かった;50μTのMFへの9および12週間のばく露後の夜間血清メラトニンレベルには、MFばく露群と擬似ばく露群で有意差がなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

ラット乳腺腫瘍の成長、メラトニンのレベル、脾臓Tリンパ球増殖能に対する磁界ばく露の影響を調査すること。

詳細情報

発がん化学物質DMBAを用いて乳腺腫瘍誘発させた。ばく露の開始時に最初のDMBA(ラット1匹当たり5mg)を適用し、総量がラット1匹当たり20mgになるまで1週間隔で更に3回適用した。

本研究では合計216匹のラットを用いて、4群に分けた:グループA) 99匹、DMBA処理、磁界ばく露。グループB) 99匹、DMBA処理、磁界ばく露。グループC) 9匹、DMBA非処理、磁界ばく露。グループD) 9匹、DMBA非処理、磁界ばく露

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous, 24 h/day, 7days/week, for 91 days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous, 24 h/day, 7days/week, for 91 days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 4 square Merritt coils: 26 turns outer, 11 turns inner coils; 1 m side length
チャンバの詳細 exposure chambers, 4 cages 39x55x22cm, 9-10 animals/cage
ばく露装置の詳細 cages inside the coils
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 50 µT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 乳房
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

DMBA適用の8週間後、磁界ばく露群では偽ばく露群よりも、有意に多くの腫瘍が認められた。剖検時、磁界ばく露・DMBA処理群ではDMBA処理対照群よりも、肉眼で見える乳腺腫瘍が有意に多かった。
ばく露終了時に脾臓Tリンパ球増殖を判定したところ、磁界ばく露・DMBA非処理群では磁界ばく露・DMBA非処理群よりも、有意に抑制されたことがわかった。

DMBA処理・磁界ばく露群と偽ばく露群では、 夜間のメラトニンレベルに有意差は認められなかった(ばく露開始の9週間後及び12週間後に判定)。

別の知見:ばく露群と偽ばく露群で行動学的な差は認められなかった。更に、4群の体重、脾臓及び肝臓の重量に有意差は認められなかった。

本研究の結果は、DMBA処理した雌ラットの長期間の50µT磁界ばく露乳腺腫瘍の成長と増殖を有意に強めることを示すものである。

研究の種別:

研究助成

関連論文