研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスにおけるジメチルベンゾ(a)アントラセン誘導性の悪性リンパ腫/リンパ性白血病に対する50Hz磁界のプロモーション作用はない] med./bio.

Lack of promotion effects of 50 Hz magnetic fields on 7,12-dimethylbenz(a)anthracene-induced malignant lymphoma/lymphatic leukemia in mice.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2008; 29 (1): 29-38

研究目的(著者による)

350mTまでの50Hz円偏波磁界への30週間のばく露が、マウスにおけるDMBA誘導性の悪性リンパ腫リンパ性白血病発生率の上昇と、量‐発生率の形で関連しているかどうかを調べること。更に、データの再現性を確認するため、実験を2回実施した。

詳細情報

新生マウスに、生後24時間以内にDMBA60µgを単回皮下注射した。離乳後、動物を各100匹(雌雄各50匹)の5群に無作為に分けた。1群はケージ対照とした。他の4群は偽ばく露、あるいは7、70、または350mT磁界のいずれかにばく露した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 22 h/day, 7 days/week for 30 weeks

General information

the mice were divided in five groups: i) cage control ii) sham exposure iii) exposure to 7 µT iv) exposure to 70 µT v) exposure to 350 µT the experiment was conducted twice

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 22 h/day, 7 days/week for 30 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 two orthogonal sets of four square coils; for the horizontal MF: length of coils = 2379 mm; outer coils = 52 turns, inner coils = 22 turns; for the vertical MF: length of coils = 2530 mm; outer coils = 52 turns, inner coils = 22 turns experimental area in the center of the coils: 1.3 x 1.3 x 1.3 m; animals in plastic cages on wooden shelfs in this area
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 7 µT effective value - - -
磁束密度 70 µT effective value - - -
磁束密度 350 µT effective value - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界ばく露における群悪性リンパ腫リンパ性白血病のマウスの累積比率は、個別の実験での雌雄どちらでも、各実験で雌雄を合わせても、2つの実験の全てのマウスを合わせても、偽ばく露群よりも有意に高くなかった。
この結果は、電力周波数磁界造血系新生物有意なリスク要因であるという仮説を支持する証拠を示さなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文