[ラットにおける60 Hz(商用周波)磁界の発生毒性学的研究] med./bio.

Developmental toxicity study of 60 Hz (power frequency) magnetic fields in rats.

掲載誌: Teratology 1996; 54 (2): 73-83

商用周波磁界MF)へのばく露による繁殖への悪影響の懸念が一般に広がっている。胎児への影響を調べるために、妊娠させたメスのSDラットを0ガウス(対照)、0.02 G、 2G、また10G、または10Gまでの間欠(1時間On/Off)磁界ばく露させた。MFばく露群も擬似ばく露群も妊娠6-19日目に、1日当たり18.5時間ばく露させた。15匹の陽性対照群を設け、妊娠11,12,13日に体重当たりETUを85mg/kgで口経より投与した。磁界のモニタリングは実験中行った。ばく露群のMFの変動は2%以内で、擬似ばく露群は0.7mGを超えなかった。ばく露群の母獣の体重、組織重量は、ばく露および擬似ばく露両群で相違は見られなかった。また胎児の生存、体重にも両群で違いは見られなかった。以上のような結果、60Hzにばく露されたラット胎児の成長に影響がないことが分かった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文