研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウス脾臓に対する出生前の期間の超低周波電磁界へのばく露の影響] med./bio.

Effect of exposure to extremely low electro-magnetic field during prenatal period on mice spleen.

掲載誌: Indian J Exp Biol 2011; 49 (8): 634-638

この研究は、マウスの妊娠1 - 5日目、6 - 10日目、11 - 15日目および16 - 20日目の4つの期間のいずれかで、超低周波磁界(ELF-MF:6×10-3 T、50 Hzばく露を実施し、新生仔への影響を調べた。その結果、新生仔の総体重、脾臓の体積、および巨核球の数の減少が観察された;妊娠のどの期間もELF-MFばく露に敏感であったが、最初期の方がよりばく露の影響を受けやすかった、と報告している。

研究目的(著者による)

マウスの胚発生、特に脾臓の発達に対する超低周波磁界の影響を調べること。

詳細情報

妊娠マウス48匹を6群に分けた(各n=8):1) 対照群、2) 偽ばく露群、3)-6) 異なる受精日数でばく露を開始したばく露群(1-5、6-10、11-15、16-20)

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 10 h/day on 5 days

General information

Mice were divided into six groups: i) control ii) sham exposure iii) five days of EMF exposure starting on day 1 of gestation iv) five days of EMF exposure starting on day 6 of gestation v) five days of EMF exposure starting on day 11 of gestation vi) five days of EMF exposure starting on day 16 of gestation

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 10 h/day on 5 days
Additional information it can not be extracted from the article whether the magnetic field was sinusoidal or pulsed, the author gives contradictory information
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information it can not be extracted from the article which sort of coil was used: a Helmholtz coil or a solenoid; the authors mention a Helmholtz coil but describes a solenoid (a 50 Hz sinusoidal oscillating ELF-EMF was produced by a 380 round turn coil twisted around a cylinder - 19 cm diameter and 15.5 cm length - and containing a chamber to house mice in the center of the cylinder)
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 6 mT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

新生仔の全体重、脾臓の体積、巨核球の数は、超低周波電磁界ばく露後に減少した。妊娠の全期間がばく露に対して敏感で、最初の数日は特に敏感であった。すなわち、影響がより強調された。

研究の種別:

研究助成

関連論文