[HL-60細胞での電磁界によるストレスタンパクの誘導] med./bio.

Induction of stress proteins by electromagnetic fields in cultured HL-60 cells.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1999; 20 (6): 347-357

<目的>磁界ストレスタンパクの合成リン酸化に与える影響を調べる。 <方法>HL-60細胞を2時間シヌソイダル0.1または1mT(60Hz)に曝露し、熱ショックタンパク合成放射性同位元素ラベルして見る。 <結果>sp代謝陰性対照と比較して、0.1mT曝露では変化がなかったが、1mT曝露すると、sp70iの合成およびsp90のリン酸化、sp27a、bの誘導、sp27b、cのリン酸化が見られた。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文