研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[環境中の非電離放射線による細胞増殖の変化 2.マイクロ波放射] med./bio.

Changes in cell proliferation due to environmental non-ionizing radiation 2. Microwave radiation.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1998; 44 (2): 251-255

この研究は、マイクロ波放射が、弱いELF電磁界と同様な、細胞増殖に対する影響を持つか否かを調べた。実験には、960 MHzのGSM信号をシミュレーションした電磁界を用いた。マイクロタイタープレートにて増殖中の細胞培養物(形質転換されたヒト上皮羊膜細胞(AMA))に、TEMセル内でばく露を与えた。各細胞ウェルのSAR値を計算した。ばく露条件は、3つの異なる電力レベルおよび3つの異なるばく露時間を用いた。その結果、ばく露群では、対照群および擬似ばく露群に比べ、細胞増殖が低下した;ばく露後の細胞増殖は、さまざまなSARレベルおよびばく露時間の長さによって変動した;その一方、ばく露期間を反復しても、影響の変化はないようであった;電力レベルと増殖の変化の間には全体的な線形相関があったが、影響が最大となるばく露時間は、種々の電力レベルにおいて同じではなかった;低電力レベルでは、高電力レベルに比べ、影響が最大となるまでのばく露時間が長いことが示された;同様の現象を、著者らはELF電磁界の研究で確認している、と報告している。

研究目的(著者による)

マイクロ波照射によって生じる電磁界が、細胞増殖に対して弱い電磁界と同様の影響を有するかどうかを調査すること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 960 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 20, 30 and 40 min
  • SAR: 0.021 mW/kg
  • SAR: 0.21 mW/kg
  • SAR: 2.1 mW/kg
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 10, 20, 30, 40 and 45 min
ばく露3: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 10, 20, 30 and 40 min

ばく露1

主たる特性
周波数 960 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 20, 30 and 40 min
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 12 %
Repetition frequency 217 Hz
Pulse type rectangular
Additional information

simulation of a GSM signal

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 incubator
ばく露装置の詳細 The cells were seeded into the two central rows (#6 and #7, A-H) of 96-well microtiter plates (flat bottom) in 100 µl of culture medium.
Additional information In the sham exposure experiments, the cell cultures were kept for 30 min in the exposure chamber with the field turned off.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.021 mW/kg - 計算値 - -
SAR 0.21 mW/kg - 計算値 - -
SAR 2.1 mW/kg - 計算値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 10, 20, 30, 40 and 45 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 incubator
ばく露装置の詳細 The magnetic fields were generated by Helmholtz coils, 12 x 13 cm, 9 cm apart, 2 x 10 turns of 1 mm copper wire and a copper screen. One pair for AC and three orthogonal pairs to change the static field. The coils were wound around a square plastic container placed inside the incubator. The experimental setup has been described before in the reference article.
Additional information Because measurements of each cell showed that the field in both outermost horizontal rows was different from those in the centre, only results from rows B-G were included.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 20 µT unspecified 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 10, 20, 30 and 40 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • same setup as in E2
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 30 µT unspecified 測定値 - -
磁束密度 40 µT unspecified 測定値 - -
磁束密度 50 µT unspecified 測定値 - -
磁束密度 60 µT unspecified 測定値 - -
磁束密度 80 µT unspecified 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

対照及び偽ばく露細胞と比較して、ばく露された細胞の成長は低下した。ばく露後の期間の細胞増殖は、各種のSARレベル及びばく露期間の長さによって異なっていた。低電力レベルではより高い電力レベルと比較して、より長いばく露期間で最大の影響に最初に達した。同様の現象が、弱い電磁界についての研究でも記録されている。

研究の種別:

研究助成

Replication studies

関連論文