研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[B16F10がん細胞に対する超低周波電磁界の影響] med./bio.

Effects of extremely low-frequency electromagnetic fields on B16F10 cancer cells.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2019; 38 (2): 149-157

この研究は、B16F10がん細胞[マウス由来悪性黒色腫細胞]に対する自然の電磁界共振周波数(7.83 Hz)及び電力線周波数(60 Hz)への24時間及び48時間ばく露の影響を調べた。その結果、7.83 Hzの下では、対照群と比較して、17%の抑制率が得られた。更に、狭い間隔で周波数掃引(7.83 ± 0.1 Hzに対して0.05 Hz 刻み)したところ、抑制率は26.4%となり、抑制効果は周波数掃引の間隔の増大に伴い低下した。これらの結果は、7.83 Hzのシューマン共振周波数がん細胞の成長を抑制し、特定の周波数のタイプを用いると、がん細胞の成長をより効果的に抑制し得ることを示している、と著者らは結論付けている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文