研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[麻酔されたラットの1, 10 GHzでのマイクロ波照射の心臓血管と熱効果] med./bio.

Cardiovascular and thermal effects of microwave irradiation at 1 and/or 10 GHz in anesthetized rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2000; 21 (3): 159-166

この研究は、マイクロ波MW)の単一周波数へのばく露の場合と2つの周波数への同時ばく露の場合における、身体の熱分布および心臓血管系への影響を比較した。実験には、ケタミン麻酔された雄Sprague-Dawleyラット(n = 58)を用いた。ラットは3群に分けられ、以下の条件でのばく露をそれぞれ受けた:1-GHz単独、10-GHz単独、1-GHzと10-GHz MWの組み合わせ。これら3つのばく露は、いずれも連続波遠方界を用い、同じ全身SAR 12 W/ kgで実施された。電磁界の向きは、E方向(体軸が電界と平行)またはH方向(体軸が電界と垂直)とし、いずれも左体側にばく露した。結腸温度37.5℃でばく露を開始し、致死温度に達するまで継続した。温度(結腸鼓膜、左右体側の皮下、尾部)、ならびに動脈血圧心拍数、および呼吸数を連続記録した。その結果、E方向とH方向の両方において、生存時間結腸温度37.5℃に時点から死亡までの時間)は、1-GHzばく露群が最短、1と10-GHzの組み合わせばく露群が中間、10-GHzばく露群が最長(最も有意差が大きかった)であった;E方向とH方向の両方において、すべての部位(右体側の皮下を除く)で、1と10-GHzの組み合わせばく露群の温度の値は、2つの単一周波数ばく露群の値の中間にあった;ばく露中、動脈血圧は、最初は上昇し、その後死亡するまで低下しつづけた;心拍数ばく露の全期間、増加した;全体的に見て、変化のパターンは全てのばく露群で似通っており、単一周波数のばく露と比較して2つの周波数の同時ばく露で何か特異的な生理学的反応が起きることはないことが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine the thermal distribution and cardiovascular effects of sustained exposure to 1-GHz, 10-GHz, or combined 1- and 10-GHz irradiation, in both E (left lateral exposure, long axis parallel to the electric field) and H (left lateral exposure, long axis perpendicular to the electric field) orientation.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: until death; 25.6 +/- 1.2 min
  • 電力密度: 380 W/m² unspecified
  • SAR: 12 W/kg mean (whole body) (determined calorimetrically)
ばく露2: 10 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: until death; 34.7 +/- 1.1 min
  • 電力密度: 670 W/m² unspecified
  • SAR: 12 W/kg mean (whole body) (determined calorimetrically)
ばく露3: 10 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: until death; 30.5 +/- 1.4 min
  • 電力密度: 335 W/m² unspecified (at 10 GHz.)
  • 電力密度: 193 W/m² unspecified (at 1 GHz)
  • SAR: 12 W/kg mean (whole body) (determined calorimetrically)
ばく露4: 1 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: until death; 28.5 +/- 0.7 min
  • 電力密度: 105 mW/cm² unspecified
  • SAR: 12 W/kg mean (whole body) (determined calorimetrically)
ばく露5: 10 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: until death; 34.3 +/- 0.5 min
  • 電力密度: 580 W/m² unspecified
  • SAR: 12 W/kg mean (whole body) (determined calorimetrically)
ばく露6: 10 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: until death; 29.7 +/- 0.1 min
  • 電力密度: 525 W/m² unspecified (at 1 GHz)
  • 電力密度: 290 W/m² unspecified (at 10 GHz.)
  • SAR: 12 W/kg mean (whole body) (determined calorimetrically)

ばく露1

主たる特性
周波数 1 GHz
特性
  • far field
ばく露時間 until death; 25.6 +/- 1.2 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Left lateral exposure, long axis parallel to the electric field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 380 W/m² unspecified 指定なし - -
SAR 12 W/kg mean 備考を参照のこと。 whole body determined calorimetrically

ばく露2

主たる特性
周波数 10 GHz
特性
  • far field
ばく露時間 until death; 34.7 +/- 1.1 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Left lateral exposure, long axis parallel to the electric field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 670 W/m² unspecified 指定なし - -
SAR 12 W/kg mean 備考を参照のこと。 whole body determined calorimetrically

ばく露3

主たる特性
周波数 10 GHz
特性
  • far field
ばく露時間 until death; 30.5 +/- 1.4 min
Additional information Simultaneous 1 GHz and 10 GHz exposure.
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Left lateral exposure, long axis parallel to the electric field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 335 W/m² unspecified 指定なし - at 10 GHz.
電力密度 193 W/m² unspecified 指定なし - at 1 GHz
SAR 12 W/kg mean 備考を参照のこと。 whole body determined calorimetrically

ばく露4

主たる特性
周波数 1 GHz
特性
  • far field
ばく露時間 until death; 28.5 +/- 0.7 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Left lateral exposure, long axis perpendicular to the electric field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 105 mW/cm² unspecified 指定なし - -
SAR 12 W/kg mean 備考を参照のこと。 whole body determined calorimetrically

ばく露5

主たる特性
周波数 10 GHz
特性
  • far field
ばく露時間 until death; 34.3 +/- 0.5 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Left lateral exposure, long axis perpendicular to the electric field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 580 W/m² unspecified 指定なし - -
SAR 12 W/kg mean 備考を参照のこと。 whole body determined calorimetrically

ばく露6

主たる特性
周波数 10 GHz
特性
  • far field
ばく露時間 until death; 29.7 +/- 0.1 min
Additional information Simultaneous 1 GHz and 10 GHz exposure.
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Left lateral exposure, long axis parallel to the electric field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 525 W/m² unspecified 指定なし - at 1 GHz
電力密度 290 W/m² unspecified 指定なし - at 10 GHz.
SAR 12 W/kg mean 備考を参照のこと。 whole body determined calorimetrically

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

In both E and H orientations, survival time was lowest in animals exposed to 1-GHz and greatest in the 10-GHz group. Temperature values in the 1- and 10-GHz combined group were between those of the single-frequency exposure groups in both orientations. During irradiation, arterial blood pressure initially increased and then decreased until death. Heart rate increased throughout the exposure time. The results indicate that no unusual physiological responses occur due to multifrequency microwave exposure, when compared to results of single-frequency exposure.

研究の種別:

研究助成

関連論文