研究のタイプ: 疫学研究

[住居の電力線への近接度と一般公衆における脳腫瘍のリスク] epidem.

Residential proximity to power lines and risk of brain tumor in the general population.

掲載誌: Environ Res 2020; 185: 109473

この研究は、フランスにおける住居の電力線への近接度と成人脳腫瘍との関連を、地理情報システムを用いて調べた。電力線の位置情報についての地理的データソースを用いて、住居から電力線までの距離、ならびに住居の近傍の電力線の数に基づくばく露スコアを作成した。マッチングした組合せに対し、条件付きロジスティック回帰を用いてオッズ比OR)および95%信頼区間(CI)を推定した。その結果、高圧線から50 m未満での累積居住期間と、脳腫瘍全体(OR 2.94; 95%CI 1.28-6.75)、および神経膠腫OR 4.96; 95%CI 1.56-15.77)との有意な関連が認められた、と著者らは報告している。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 cumulative duration living < 50 m from power line: never
集団 2 cumulative duration living < 50 m from power line: ever
集団 3 cumulative duration living < 50 m from power line: > 5 years
集団 4 cumulative duration living < 50 m from power line: > 10 years
集団 5 cumulative duration living < 50 m from power line: > 15 years
参照集団 6 cumulative duration living in an exposure corridor: never
集団 7 cumulative duration living in an exposure corridor: ever
集団 8 cumulative duration living in an exposure corridor: > 5 years
集団 9 cumulative duration living in an exposure corridor: > 10 years
集団 10 cumulative duration living in an exposure corridor: > 15 years

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
評価可能 490 980
統計学的分析方法: (調整: )

研究助成

関連論文