研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[高圧送電線近くに住んでいるスウェーデン成人における磁界と乳がん] epidem.

Magnetic fields and breast cancer in Swedish adults residing near high-voltage power lines.

掲載誌: Epidemiology 1998; 9 (4): 392-397

住居磁界ばく露乳がんの発症率を増加させるという仮説をテストするために、症例-対照研究を行った。研究は、1960-1985年にスウェーデンで220-400KV送電線から300m以内に住んでいるヒトを対象に行った。症例699名の乳がんが女性に、9名が男性に特定された。女性1名の症例に対して1名の対照を、1名の男性に対して9名の症例をランダムに選択した。女性の症例のサブセットとしては、エストロゲン受容体情報を用いた。磁界ばく露評価は、診断前の送電線からの磁界を計算して求めた。計算値≧0.2uTでは、相対リスクは女性で1になり(95%CI:0.7-1.5)、男性では2.1(95%CI: 0.3-14.1)であった。診断時に50歳以下の女性で、相対リスクは1.8(95%CI: 0.7-4.3)であった。エストロゲン受容体陽性の乳がん女性では、ばく露のカットポイントを≧0.1uTとすると、相対リスクは1.6(95%CI: 0.6-4.1)であった。診断時50歳以上で、エストロゲン受容体陽性の女性は、相対リスクは7.4(95%CI: 1.0-178.1)であった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文