研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2450 Hz無線周波放射に In Vitroでばく露されたヒトの血液リンパ球の初期DNA損傷] med./bio.

Primary DNA damage in human blood lymphocytes exposed in vitro to 2450 MHz radiofrequency radiation.

掲載誌: Radiat Res 2000; 153 (4): 479-486

この研究は、3人の健康なヒトボランティアから採取したヒト末梢血試料にインビトロで、2450MHzのパルス化されたRF電磁放射の2時間ばく露を与えた。RF放射は、21Wの順方向の正味電力で、垂直下方方向へ、標準利得の矩形ホーンアンテナから送信された。フラスコ内の血液細胞の位置での平均電力密度は5 mW / cm 2、差分時間領域分析によって計算された平均SAR値は2.135(±0.005 SE)W / kgであった。対照とするため、試料の一部(アリコート)に、擬似RFばく露または(137)Csガンマ線源からの50 cGyのインビトロばく露を実施した。リンパ球でのDNA損傷一本鎖切断およびアルカリ不耐性病変)の程度を測定するため、アルカリコメットアッセイを行った。アッセイは、ばく露直後およびばく露後に試料を37±1℃でインキュベートした4時間後にも行い、ばく露直後に存在した損傷の修復力を調べた。その結果、どちらの時点においても、RFばく露リンパ球擬似ばく露リンパ球との間に、コメットの尾の長さ、尾部での移動DNAの蛍光強度、および尾のモーメントに有意差がなかった;対照的に、ガンマ線ばく露リンパ球の反応は、RFばく露および擬似ばく露のものとは有意に異なっていた;したがって、今回のインビトロ実験では、パルス化RF電磁放射を受けたヒト血液リンパ球において、DNA一本鎖切断およびアルカリ不耐性損傷誘導の証拠はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study primary DNA damge in human blood lymphocytes exposed to 2450 MHz radiofrequency radiation.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 2 h
  • 電力: 21 W (net forward power)
  • 電力密度: 5 mW/cm² mean (±7%)
  • SAR: 2.135 W/kg mean (± 0.005 W/kg)
  • SAR: 5.015 W/kg maximum (see add. information)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 10 µs
Duty cycle 10 %
Repetition frequency 10 kHz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 1.75 m
チャンバの詳細 The anechoic room of 5.2 x 3.35 x 3.35 m was maintained at 22 ± 1°C. A Plexiglas (0.6-cm thick) box with two compartments and outside dimensions of 24.5 x 21.0 x 3.7 cm was placed in a tightly fitting pressed-foam box of 27 x 22 x 7 cm which was positioned directly under the horn antenna.
ばく露装置の詳細 Four T-25 tissue culture flasks were positioned in the open upper compartment of 1.2 cm height, three of them containing 6 ml of whole blood, the fourth one being used for temperature monitoring. The compartment was filled with warm water up to the height of the medium in the flasks. The closed lower compartment was circulated with warm water to maintain the liquid in the flasks at 37°C.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The pressed-foam box for simultaneous sham exposure was placed at the far end of the anechoic room away from the horn. Control samples were incubated for 2 h minus 5 min and in the end exposed to 50 cGy of ionizing radiation from a 137Cs γ-ray source at a dose rate of 1.008 cGy/min.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 21 W - - - net forward power
電力密度 5 mW/cm² mean 測定値 - ±7%
SAR 2.135 W/kg mean 計算値 - ± 0.005 W/kg
SAR 5.015 W/kg maximum 計算値 - see add. information

Reference articles

  • Vijayalaxmi et al. (1997): [イン・ビトロで2450MHz無線周波放射にばく露したヒト血液リンパ球における増殖および細胞遺伝学的研究]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No evidence for induction of DNA single-strand breaks and alkali-labile lesions in human blood lymphocytes exposed to pulsed-wave 2450 MHz radiofrequencey radiation was found, either immediately or at 4h after exposure.

研究の種別:

研究助成

関連論文