研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波を照射したバクテリア細胞における細胞壁構造による異なる障害] med./bio.

Differential damage in bacterial cells by microwave radiation on the basis of cell wall structure.

掲載誌: Appl Environ Microbiol 2000; 66 (5): 2243-2247

この研究は、マイクロ波照射細菌細胞大腸菌および枯草菌)に与える影響を調べた。その結果、マイクロ波照射した大腸菌および枯草菌細胞の懸濁液では、細胞懸濁液の最終的な温度上昇にしたがって、生存細胞数の劇的な減少ならびに細胞から放出されるDNAおよびタンパク質の量の増加が見られた;しかしながら、どちらの細胞懸濁液においても、細胞密度有意な低下は観察されなかった;これは、マイクロ波照射によって不活性化された細菌細胞のほとんどが溶解されない状態であったという事実によると考えられる;マイクロ波照射細胞を走査型電子顕微鏡で調べると、大部分大腸菌細胞の表面には重度の損傷が見られたが、枯草菌細胞には有意な変化は観察されなかった;マイクロ波損傷された大腸菌細胞ドデシル硫酸ナトリウムSDS)の存在下で容易に溶解されたが、枯草菌細胞の場合、SDS耐性であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine the mechanism of microbial cell inactivation by microwave heating along with the differences in the effects on gram-positive and -negative bacteria.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: up to 80 s

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 up to 80 s
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • microwave oven
ばく露装置の詳細 cells placed in the center of the oven
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 600 W maximum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave radiation of cell suspensions resulted in a dramatic reduction of the viable counts as well as increases in the amounts of DNA and protein released from cells. No significant reduction of cell density was observed in either cell suspensions (it is believed that most of the bacterial cells inactivated remained unlysed). A severe damage on the surface of most E. coli cells was found, yet there was no significant change observed in the B. subtilis cells. Exposed E. coli cells were lysed in the presence of SDS, yet B. subtilis cells were resistent to SDS.

研究の種別:

研究助成

関連論文