研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[ぶどう膜黒色腫の発症に無線周波放射が果たし得る役割] epidem.

The possible role of radiofrequency radiation in the development of uveal melanoma.

掲載誌: Epidemiology 2001; 12 (1): 7-12

電磁放射線ぶどう膜メラノーマを扱った疫学的研究は少ない。これらの研究は予備的であり、職種と産業名のみに基づいている。ここで、我々はラジオ周波数放射を含め、様々な電磁放射への職業ばく露とブドウ膜メラノーマの病院ベース、人口ベースによる症例-対照疫学研究を行い、結果をプールして示している。我々はぶどう膜メラノーマの118名の男女、475名の対照に面接を行った。その際、性別、年齢、調査地区についてはマッチングを取っている。無線発信装置とのばく露は、(a)無線周波ばく露なし、(b) 携帯電話とのばく露が考えられる(Possible)、(c)携帯電話とのばく露が高い蓋然性を持つ/確実にある(Probable)と3分類した。ばく露は著者のうち2名が、別個にかつ症例、対照を教えられずに判定した。条件付きロジスティック回帰を使って、オッズ比OR)と95%信頼区間(95% CI)を計算した。その結果、無線発信装置へのばく露リスク増加を見いだした(無線機へのばく露OR=3.0、95%CI=1.4-6.3;携帯電話への蓋然性が高い/確実なばく露(Probable):OR=4.2、95%CI=1.2-14.5)。高圧送電線電気機械、複雑な電気環境、ディスプレイ端末、レーダーユニットなど他の電磁照射発生源では、ぶどう膜メラノーマとは関係がなかった。本論文は無線周波電磁照射ばく露ぶどう膜メラノーマとの関係について最初の文献であるが、いくつかの方法論的な制限から、この結果は仮説的な関係の域を出ない。

研究の目的(著者による)

職業的な無線周波放射ぶどう膜黒色腫リスクに関連しているかどうかを調査するため、ドイツにおいて症例対照研究を実施した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 非ばく露
集団 2 ウォーキー・トーキー及び無線セットへのばく露
集団 3 携帯電話ばく露の可能性あり
集団 4 おそらく、または確実に携帯電話ばく露
集団 5 無線セットまたは携帯電話へのばく露

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
評価可能 118 475
統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

症例16人及び対照46人を、職業上少なくとも6か月、何らかの種類の無線周波照射ばく露されたことがあると分類した。
結果は、無線周波送信セットへのばく露についてリスク上昇を示した。ぶどう膜黒色腫リスクと、高圧線、電気機器、複雑な電気的環境、ビデオディスプレイ端末またはレーダー装置等、その他の職業的な電磁放射の発生源との関連は認められなかった。

研究の限界(著者による)

アンケートは多くの潜在的リスク要因についてデザインされていたため、無線周波放射について質問は少数しか含まれていなかった。ばく露の割り当ては不確かなままであった。

研究助成

関連論文