研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[胚形成中にマイクロ波ばく露を受けたニホンウズラの出血時の血清酵素] med./bio.

Serum enzymes in hemorrhaged Japanese quail after microwave irradiation during embryogeny.

掲載誌: Comp Biochem Physiol A Comp Physiol 1988; 89 (4): 531-534

この研究は、ウズラ卵の胚形成の最初の12日間、入射電力密度5 mW / cm2、比吸収率4.03 mW / gの2.45 GHzの連続波マイクロ波ばく露を与え、孵化後に、出血ストレス(総血液量計算値の30 %を頚静脈穿刺により出血させる)に対する反応としての血清生化学的変化を測定した。その結果、出血の前または後のどちらにおいても、乳酸脱水素酵素、β-グルクロニダーゼ、酸性ホスファターゼグルコースおよびタンパク質は、胚形成中のマイクロ波ばく露の影響を受けなかった;出血ストレスに対する血清グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ活性の反応には、胚形成中のマイクロ波ばく露の影響が見られた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess cell death or injury in vivo after an acute hemorrhage in Japanese quail which had been irradiated with low level microwave irradiation in ovo.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: first 12 days of artifical breeding

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 first 12 days of artifical breeding
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 4.03 nW/g - - - -
電力密度 5 mW/cm² - - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした臓器系:
  • blood samples
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Only the enzymatic activity level of glutamic oxaloacetic transaminase (GOT) was found to be statistically significant higher in irradiated quail than in non-irradiated. No significant alterations for glucose, serum protein, LDH, beta-glucuronidase and acid phosphatase were found compared to the non-irradiated control.

研究の種別:

研究助成