研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[妊娠しているマウスの血球新生に対する2450 MHzマイクロ波放射の影響] med./bio.

Effect of 2450 MHz microwave radiation on hematopoiesis of pregnant mice.

掲載誌: Radiat Res 1984; 100 (2): 412-417

この研究は、妊娠マウスの造血系に対する2450 MHzの連続波マイクロ波ばく露の影響を調べた。妊娠1〜6日目または6〜15日目に、母マウス(マウスCD-1系統)に、1日当たり総計8時間(1時間の間隔をあけて4時間ばく露を2回行った)、平均電力密度30 mW/cm2でのばく露を行なった。末梢血および骨髄のサンプルを妊娠18日目に採取した。その結果、末梢血サンプルの総白血球数および白血球分画に、どちらのばく露時期の場合も、ばく露の影響は見られなかった;骨髄サンプルの赤血球または骨髄の有糸分裂指数のどちらにも影響は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 2450 MHz microwave radiation on haematopoiesis of pregnant mice.

詳細情報

The animals were exposed during day 1-6 (gastrulation) or 6-15 (embryonic organogenesis) of pregnancy. Sample collection was accomlished on day 18.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 8 h/day (with 1h break) on days 1-6 or 6-15 of pregnancy

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 8 h/day (with 1h break) on days 1-6 or 6-15 of pregnancy
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 30 mW/cm² average over time - - -
SAR 22 mW/g - 測定値 whole body -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • hematopoetic system
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

For both periodes of exposure no effect on total or differential leukocyte counts were observed. Furthermore no effects in either erythroid or myeloid mitotic indices of bone marow samples were found.

研究の種別:

研究助成

関連論文