研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波照射は熱ショック反応を誘発し線虫の成長を向上させる] med./bio.

Microwave radiation induces a heat-shock response and enhances growth in the nematode Caenorhabditis elegans.

掲載誌: IEEE Trans Microw Theory Tech 2000; 48 (11): 2076-2081

この研究は、マイクロ波電磁界(750 MHz連続波、0.5 W)への長時間ばく露(一晩)を受けた線虫(Caenorhabditis elegans)における熱ショック応答および成長の変化を調べた。ばく露にはTEMセルを用い、中心点(線虫を置いた位置)での電界強度は約45 V/ mとなるようにした。実験には、遺伝子導入した線虫(PC72およびPC161)を用い、熱ショック応答のモニタを簡便化した。これらの株は、熱ショックたんぱく質(HSP16)の遺伝子の下流にそれぞれリポータ遺伝子(ガラクトシダーゼおよび緑色蛍光たんぱく質)が組み込まれている。これらが熱ショック誘導プロモータhsp16-1の調節により発現する。レポータ発現の局在化は、マイクロ波ばく露に強く反応する一部の線虫を明らかにする。酵素活性測定は、何千という線虫全体でのこれらのレポータ応答を平均し、集団全体のストレスについての信頼できる指標を与える。9回の別々の実験のデータをプールした結果、一晩のマイクロ波ばく露後において、対照と比較して、成長は3.5 %活性化された;無ばく露でさらに24時間成長させると、この差は11 %に広がった;マイクロ波ばく露により、熱ショック応答および成長の増加が明らかであった;この2つは、温度の緩やかな上昇と一貫性があるかもしれないので、マイクロ波ばく露が一定限度の加熱引き起こした可能性が高まるが、これらの条件下で一晩のばく露中、培養液および線虫の温度上昇は検出されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the effects of prolonged exposure to continuous microwave fields (as used in analog mobile phones) on heat-shock protein responses and growth in transgenic Caenorhabditis elegans.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 750 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 18 h

ばく露1

主たる特性
周波数 750 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 18 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Incubator temperatures of 24.0, 24.5, 25.0 and 25.5 °C were tested using 12 replicates for each condition. Controls (6 replicates) were also run at 22, 26, 27 and 28 °C.
ばく露装置の詳細 Worms were exposed in shallow aqueous K medium or plated on agar in 6- or 12-well multiwell dishes placed in the center of the TEM cell.
Additional information Control worms were shielded by wrapped foil and placed outside the TEM cell in the same incubator. Baseline controls were maintained at 15°C.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 0.5 W - - - -
電界強度 45 V/m - - - at the center of the TEM cell
電力密度 10 W/m² - - - at the center of the TEM cell
電界強度 1.3 V/m - 推定値 - in the medium
SAR 0.001 W/kg - 推定値 - -

Reference articles

  • Daniells C et al. (1998): [マイクロ波によって誘起されるストレスのバイオモニターとしてのトランスジェニック線虫]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

It is concluded that both growth and heat-shock responses are induced by microwave exposure. Significant induction of the heat-shock response is demonstrated. There is also a modest stimulation of growth. Since there is no measurable increase in medium or worm temperature during exposure, both effects appear to be mediated by nonthermal mechanisms.

研究の種別:

研究助成

Replication studies

関連論文