研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[低出力1.7 GHzのマイクロ波ばく露の間のラットの血液脳関門浸透性] med./bio.

Blood-brain barrier permeation in the rat during exposure to low-power 1.7-GHz microwave radiation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1985; 6 (2): 131-143

この研究は、連続波(CW)およびパルスマイクロ波照射を行い、高および低分子量化合物に対する血液脳関門の透過性を測定した。成体ラットペントバルビタール麻酔をかけ、[14 C]スクロースおよび[3 H]イヌリンの混合物を静脈注射した後、SAR 0.1W / kgで、30分間、1.7GHzのCWおよびパルス波パルス 幅0.5μ秒、1000 pps)のマイクロ波ばく露を実施した。ばく露後、脳を灌流し、9つの領域に分割し、各領域の放射能を計数した。 どのばく露条件下においても、8つの脳領域の温度を、各領域に1つ置いた電磁界擾乱性のないサーミスタプローブにより測定した。その結果、 いずれのトレーサーの取り込みも、擬似ばく露動物のものと比較して、8つの領域のいずれにおいても変化しなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

Attempt to reproduce previously reported findings of increased permeability of blood-brain barrier at low power levels <10mW/cm² in rats.

詳細情報

Only the head of the animal was exposed, while in the previous study (see publication 72) the whole body was exposed.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.7 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min
  • SAR: 100 µW/g mean (partial body) (in the head; peak SAR: 200 W/kg)
ばく露2: 1.7 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 30 min
  • SAR: 100 µW/g mean (partial body) (in the haed)

ばく露1

主たる特性
周波数 1.7 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • guided field
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 500 ns
Packets per second 1,000
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 TE10, foamed polystyrene platform
ばく露装置の詳細 The rat was exposed by placing its head in a hole in the side of the waveguide which was placed in a screened wooden box.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 100 µW/g mean 電力損失による決定値 partial body in the head; peak SAR: 200 W/kg

ばく露2

主たる特性
周波数 1.7 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • guided field
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 100 µW/g mean 電力損失による決定値 partial body in the haed

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

In the earlier study pulsed and CW (continuous wave) microwave radiation increased permeation of labeled compounds through the blood-brain barrier. In this study no changes in permeability of blood-brain barrier in all brain areas analysed were found. Microwave exposure caused small but significant temperature increases in 2 out of 8 brain areas.

研究の種別:

研究助成