研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[皮膚がんの動物モデルにおいて94 GHzラジオ周波数照射の影響はない] med./bio.

Lack of effect of 94 GHz radio frequency radiation exposure in an animal model of skin carcinogenesis.

掲載誌: Carcinogenesis 2001; 22 (10): 1701-1708

この研究は、94 GHzの無線周波放射(RFR)の単回ばく露(1.0 W/ cm2、ばく露時間10秒間)または反復ばく露(333 mW/ cm2、ばく露時間10秒間を1週間に2回、12週間)が、皮膚発がんモデルである7,12-ジメチルベンズ[a]アントラセン(DMBA)誘発SENCARマウスにおいて、プロモータまたはコプロモータとして働くか否かを調べた。その結果、腫瘍発生率および腫瘍数への影響の証拠がなかったことから、RFRのどちらのばく露条件も乳頭腫発症に有意な影響を及ぼさなかった;RFRばく露は、12-O-テトラデカノイルホルボール13-アセテート反復処置したDMBA誘発マウスにおけるコプロモータとしての作用の証拠も得られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate whether a single or repeated exposure to 94 GHz radio frequency radiation serves as a promoter or copromoter in the 7,12-dimethylbenz[a]anthracene (DMBA)-induced SENCAR mouse model of skin carcinogenesis.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 94 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 10 s
ばく露2: 94 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 2 exposures each for 10 s/week for 12 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 94 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 10 s
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Plexiglass cages / 41 cm x 21 cm x 20 cm
ばく露装置の詳細 Each animal was exposed in a Styrofoam restrainer where a rectangular region (2.25 cm x 3 cm) was removed from the top of the restrainer.
Additional information A dielectric lens was placed 88 cm from the horn. A 45° aluminum reflector was placed 120 cm from the lens to aim the EMF towards the animal`s dorsal surface. The animal was located 60 cm below the aluminum reflector.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 1 W/cm² unspecified - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 94 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 2 exposures each for 10 s/week for 12 weeks
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 333 mW/cm² unspecified - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • skin
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposure to 94 GHz radio frequency radiation under these conditions does not promote or copromote papilloma development in this animal model of skin carcinogenesis.

研究の種別:

関連論文