研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[生きた細胞におけるミリ波帯マイクロ波の熱的等価量の決定] med./bio.

Determination of a thermal equivalent of millimeter microwaves in living cells.

掲載誌: J Microw Power 1979; 14 (4): 307-312

この研究は、出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)を用い、マイクロ波(70および75 GHz)ばく露が、酵母細胞の増殖に影響するか、または細胞DNA損傷誘導し得るか否かを調べた。ペトリ皿内の寒天プレート上のミリポアフィルターディスクの上で酵母細胞ばく露を行なった。実験には、遺伝子的影響を受けやすい二倍体のD5株を用い、温度およびマイクロ波ばく露による、細胞生存への影響、有糸分裂組換えの誘発、および細胞質の小さな突然変異誘発を調べた。その結果、どちらの周波数でも、60 mW/ cm2もの高い電力密度であっても、生存率の変化、機能障害、または構造的損傷の証拠は得られなかった;従来的加熱法による実験では、標本温度が50 ℃を超えるまで、有害な影響はなかった;追加実験として、2種類の対立する接合型の一倍体での影響を調べたが、接合子形成における温度およびマイクロ波ばく露の影響はどちらの一媒体でも同等であった;電力密度60 mW/ cm2、ばく露距離 2 mmでのマイクロ波ばく露による温度上昇は、3℃に相当すると推定された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine whether microwaves are able to affect growth or to induce lesions in DNA of yeast cells, and in particular whether the effects are related to rise of temperature.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 70–75 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 3 h

ばく露1

主たる特性
周波数 70–75 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • near field
偏波
  • elliptical
ばく露時間 3 h
Additional information and far field
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 cells on millipore filter discs placed on agar plates in open Petri dishes
Additional information distance between exposure source and object: 2 or 10 mm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 600 W/m² maximum 備考を参照のこと。 - 6; 15; 60 mW/cm²

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results obtained on survival, induction of mitotic recombination, and on the induction of cytoplasmic "petite" mutations indicate that millimeter waves (under these conditions) do not induce lesions and genetic effects in DNA. Conventional heating had no deleterious effects until temperatures of specimens exceeded 50°C. Measurement of zygote formation permitted to determine effects of smaller changes in temperature on events at the cellular level. There was evidence of increased formation of zygotes as a function of power level. The ratio of the number of zygotes obtained in samples treated at different temperatures over the number of zygotes in the control sample increase as a function of the temperature.

研究の種別:

研究助成

関連論文